放射能と魚のQ&A

Q.東京電力福島第ー原子力発電所の事故で何が起こったの?
A.発電所の中の放射性物質が外に出てしまいました。

 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の地震と津波により、東京電力の福島第一原子力発電所が壊れてしまい、原子力発電所の中にあった放射性物質が外に出てしまいました。
 ただし、非常にたくさんの放射性物質が外にでていたのは2011年3月から4月にかけての2週間ほどでした。外に出てしまった放射性物質は海や川にも入り、魚や貝などの水産物を汚染しました。
 これらの放射性物質が生き物にどのように取り込まれ、どうなるのか、水産研究・教育機構で調査・研究しました。