放射能と魚のQ&A

Q.放射性物質ってなに?
A.放射線を出す物質のことです。

 放射性物質は自然界にもあって、いつも放射線を出していますが、量は多くありません。しかし、たくさんの放射線が体に入ると健康に悪影響があるので、事故のあと多くの人が水産物を食べることを怖がりました。
 放射性物質は、放射線を出して徐々になくなっていきます。元の放射性物質の量の半分になるまでの時間を半減期といいます。今回の事故で海に入った放射性物質の大半は、ヨウ素-131、セシウム-134, セシウム-137というものです。ヨウ素-131の半減期は約8日なので、事故後、短期間で無くなりました。でも、セシウム-134の半減期は約2年、セシウム-137の半減期は約30年あるので、これらが環境や生き物の中に残ってしまいました。