放射能と魚のQ&A

Q.福島県で行われている試験操業ってなに?
A.福島県の漁業再開に向けた情報を得るために行っている漁業のことです。

 福島県沖にいる水産物でも、これまでの検査で放射能が安定して大きく基準値を下回っている種類があります。このような種だけ、小規模な漁業と販売を試験的に行い、出荷先での評判を調査して、福島県の漁業再開に向けた情報を得るために行っている漁業を「試験操業」と呼んでいます。
 2016年6月16日現在で73種類が対象で、販売される漁獲物は福島県漁連が中心となり、毎日、海域ごと、魚種ごとに検査を行っています。


試験操業の対象海域(2016年6月16日現在)