テクノオーシャン2014オーガナイズドセッションのお知らせ

「ウナギ研究最前線」

 独立行政法人水産総合研究センターは、10月3日(金)に神戸国際展示場2号館3階3A会議室(神戸ポートアイランド内)においてテクノオーシャン2014の、オーガナイズドセッション「ウナギ研究最前線」を開催します。

 絶滅が危惧される謎がいっぱいの「ニホンウナギの生活史」の最前線、そのウナギの大量生産を目指して行ってきた研究の成果「ウナギ完全養殖までのあゆみ」、大量養殖の鍵となる「ウナギ仔魚飼育のこれから」について紹介いたします。

 ぜひテクノオーシャン2014会場に足をお運びいただき、当センターのオーガナイズドセッションにご参集ください。

セッション主催 独立行政法人水産総合研究センター
日時 2014年10月3日15:00~17:00
会場 神戸国際展示場 3階 3A会議室
(神戸ポートアイランド内、神戸市中央区港島中町6-9-1)

プログラム

挨拶 理事 和田時夫
Tokio WADA
ニホンウナギの生活史
Life history of Japanese eel
研究推進部
研究主幹
内田和男
Kazuo UCHIDA
ウナギ完全養殖達成までのあゆみ
Progress towards the attainment of full-life cycle aquaculture in Japanese eel
増養殖研究所
ウナギ量産技術グループ長
田中秀樹
Hideki TANAKA
ウナギ仔魚飼育のこれから
Prospects of production of grass eel
増養殖研究所
沿岸資源グループ主任研究員
増田賢嗣
Yoshitugu MASUDA

参加申込  締切日 平成26年9月30日

多数の申込みありがとうございました。

その他

連絡先
セッション事務局:水産総合研究センター社会連携推進室 TEL:045-227-2709