(さかな)()やし(そだ)てる

(むかし)は、(うみ)にはたくさんの魚介類(ぎょかいるい)(さかな)(かい)・エビ・カニ・タコ・イカ・ウニなど)たちがいて、どんなにとってもいなくなることはないと(かんが)えられていました。しかし最近(さいきん)では、(さかな)たちをとる技術(ぎじゅつ)進歩(しんぽ)し、一度(いちど)にたくさんの(さかな)をとれるようになったことや、(うみ)汚染(おせん)などで、だんだん魚介類(ぎょかいるい)がとれなくなってきました。

そこで、魚介類(ぎょかいるい)をとるだけではなく、(ひと)魚介類(ぎょかいるい)(そだ)てて(うみ)(はな)したり、魚介類(ぎょかいるい)(そだ)つすみかをつくったりして、魚介類(ぎょかいるい)資源(しげん)()やすこと、イケスなどで(おお)きくなるまで(そだ)てるようになりました。

さいばい漁業(ぎょぎょう)」と「養殖業(ようしょくぎょう)

さいばい漁業(ぎょぎょう)とは、(たまご)から稚魚(ちぎょ)になるまでの一番(いちばん)(よわ)時期(じき)(ひと)()(まも)り、その(あと)自然(しぜん)(うみ)稚魚(ちぎょ)放流(ほうりゅう)し、成長(せいちょう)したものをとる漁業(ぎょぎょう)で、これには、(うみ)(なか)(さかな)(かず)()らさないようにするなどの効果(こうか)があります。

養殖業(ようしょくぎょう)は、一般的(いっぱんてき)に、稚魚(ちぎょ)をイケスなどで飼育(しいく)し、()べられる(おお)きさになったら出荷(しゅっか)します。とれる(りょう)一定(いってい)ではない(さかな)を、安定(あんてい)して食卓(しょくたく)(とど)けることができるなどの効果(こうか)があります。