さいばい漁業(ぎょぎょう)で、さかなを()やす

一匹(いっぴき)のめす(おや)は、何十万(なんじゅうまん)(つぶ)から何百万(なんびゃくまん)(つぶ)(たまご)()みます。自然(しぜん)(うみ)(かわ)では、(たまご)(あか)ちゃんのほとんどは、()べられたり、えさが()べられなくて()んでしまいます。(おや)になれるのは、何百万(なんびゃくまん)(つぶ)(たまご)から数匹(すうひき)とたいへん(すく)ないです。

このため、もっとも(よわ)(たまご)から()どもに(そだ)つまでの(あいだ)を、(ひと)がえさを(あた)えて(そだ)てることで、()(のこ)(かず)(おお)きく()やすことができます。そして、自然(しぜん)(なか)で、()きていける(ちから)がつく(おお)きさまで(そだ)てます。これらの()どもたちは、自然(しぜん)(なか)(そだ)っていくのに(てき)した(うみ)(かわ)放流(ほうりゅう)されます。

放流(ほうりゅう)されたさかなたちは、自然(しぜん)(なか)生活(せいかつ)して(おお)きく(そだ)ち、漁業(ぎょぎょう)でとられます。漁業(ぎょぎょう)でとられずに、(おや)になったさかなは、(たまご)()んで、さかなを()やすことに役立(やくだ)っています。

このように、(ひと)がさかなのもっとも(よわ)(とき)()()してあげて、(うみ)(かわ)などに放流(ほうりゅう)して水産(すいさん)資源(しげん)()やして、漁業(ぎょぎょう)でとることがさいばい漁業(ぎょぎょう)です。

  • 受精卵(じゅせいらん)をとるためのマダイの(おや)たち

  • マダイの受精卵(じゅせいらん)(やく)1ミリ)

  • 放流(ほうりゅう)()つマダイの()どもたち

  • (うみ)放流(ほうりゅう)される()どもたち

さいばい漁業(ぎょぎょう)は、サケ、マダイ、ヒラメ、クルマエビ、ガザミ(ワタリガニ)、アワビ(るい)やウニ(るい)などを放流(ほうりゅう)しています。