()干潟(ひがた)

()は、(かい)そうがたくさんはえているところです。干潟(ひがた)は、海水(かいすい)()いたときに、あらわれる砂浜(すなはま)です。

()干潟(ひがた)は、(おお)きなさかなが(はい)ってこないこと、さかなの()どもたちが()べるえさとなる、(ちい)さな()(もの)がたくさんいます。も()は、(たまご)から()まれた()どもが(そだ)つために重要(じゅうよう)場所(ばしょ)で、(うみ)のゆりかごと()ばれています。

また、も()()えているコンブやワカメなどの(かい)そうは、ウニやアワビなどのえさになるほか、加工(かこう)されてわたしたちが()べる重要(じゅうよう)水産資源(すいさんしげん)です。干潟(ひがた)にすむエビ・カニ、(かい)なども重要(じゅうよう)水産資源(すいさんしげん)です。

()干潟(ひがた)には、たくさんの細菌(さいきん)やプランクトン、(かい)、エビ・カニなどがすんでおり、これらは、海水(かいすい)海底(かいてい)のよごれを()(のぞ)き、きれいにする(はたら)きがあります。

さらに、も()(かい)そうは陸上(りくじょう)植物(しょくぶつ)(おな)じように、二酸化炭素(にさんかたんそ)酸素(さんそ)()える光合成(こうごうせい)(おこな)(はたら)きがあり、海水中(かいすいちゅう)二酸化炭素(にさんかたんそ)()らして、地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)(ふせ)役割(やくわり)もあります。

しかし、最近(さいきん)では、海岸(かいがん)()()てやコンクリート()などで、大切(たいせつ)なも()干潟(ひがた)()ってきています。また、も()では(かい)そうを()べる()(もの)たちによって、()べられたりして減っいます。

そこで、も()()っている原因(げんいん)調(しら)べて、も()回復(かいふく)させる研究(けんきゅう)(おこな)っています。

  • ()()れるさかなの()どもたち

  • たくさんの()(もの)がすむ干潟(ひがた)潮干狩(しおひが)

  • ()っぱを()べられて、くきだけになった(かい)そう

  • (いわ)(うえ)(かい)そうをウニがすべて()べてしまいました