体色(明度)によるヒラメの健苗性判定指標


山形県水産試験場・浅海増殖部

[連絡先]0235-33-4383

[推進会議]日本海ブロック

[専門]飼育環境

[研究対象]ひらめ

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・ヒラメ種苗の質について、生産現場では経験的に体色により判断されている場合がある。これは、非常に簡便な方法であるが、主観的な要素が多い上に、ヒラメはわずかな刺激で瞬時に体色を変化させてしまうため、これまで一般的な指標とはなっていなかった。そこで、ヒラメ体色について、明度を用いた数値化を試みると共に、良質種苗の基準値について検討した。
・ヒラメの場合、ハンドリングを短時間(30秒程度)に抑え、直ちに温水(60℃)処理を行なう事により、生時の体色(明度)で固定が可能となった。
・ヒラメの体色(明度)は、体色を固定することにより色彩計で容易に測定が可能となった。
・良質な種苗(潜砂率が高い)は、体色も明るく、その明度値はL*=30以上であると考えられた(図1)。
・体色明度が数値化されたことにより、色見本の作成が可能となった(写真)。

[成果の活用面等]

・種苗生産や中間育成現場でのデータを集積・加味することで、より有効な健苗性判定指標となりうる。

[具体的データ]

(分かりやすい図表を中心に)

図1 異なる種苗の体色(明度)と潜砂率
写真 ヒラメ体色(明度)見本例