ホタテガイの健康評価と養殖技術の改善


青森県水産増殖センター ほたて貝部

[連絡先]017-755-2155

[推進会議]東北ブロック

[専門]増養殖技術

[研究対象]ホタテガイ

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

ねらい:
良質な種苗を得る方法と、成長の良い大型貝を作る方法を開発する。

成果の特徴:
@ 高水温(26℃)、酸欠(止水1時間)、流れ(約1ノット)等の各種ストレスが複合的に影響して、ホタテガイの成長、生残率が低下する。

A第1回目の分散(稚貝の飼育密度を減らすため、別の飼育篭へ入替る作業)時の、飼育篭1段当りの収容枚数、外部形状(殻幅比や殻長)による選別の有無が、その後の種苗の質を決定する。
B翌年の秋に分散する方法(次善法)は、産業的に重要な形質である全重量、軟体部重量、貝柱重量が、翌年の春に分散する方法(最善法)や耳吊り法よりも低下する。

[成果の活用面等]

稚貝採取と分散作業の改善により、良質な種苗が得られる。また、養殖方法の改善により、成長の良い大型貝を生産することができる。

[具体的データ]

図1 稚貝採取時の各種ストレスと生存率、成長の関係
図2 第1回分散時の飼育篭(パールネット)1段当りの収容密度と成長の関係
図3 養殖方法と成長の関係