エゾアワビ海面カゴ養殖マニュアルの作成


岩手県水産技術センター 種苗開発部

[連絡先]0193-26-7918

[推進会議]東北ブロック

[専門]増養殖技術

[研究対象]あわび

[分類]普及


[ねらい・目的と成果の特徴]

ねらい:
エゾアワビ海面カゴ養殖の飼育管理マニュアルを作成し、エゾアワビ海面養殖振興の一助とする。

成果の特徴:
@選抜育種を行った種苗とそうでない種苗の遺伝的な違いにより、出荷サイズ(7〜8cm)までの成長が大きく異なることを確認した(図1)。
A単位期間当たりの増殻長が成長に伴い低下することを確認し、養殖サイクルを検討する目安として、その傾向について整理した(図2)。
B実際に用いられている養殖カゴやその中に入れるシェルター(アワビが付着する板)の種類や形状に応じた適正な収容個数を算出した(表1)。

[成果の活用面等]

県内の漁業者、漁協、普及員等に配布した。

[具体的データ]

図1 2種類の種苗を用いた養殖における平均重量の推移
図2 2種類の種苗を用いた養殖における殻長と年間増殻長の関係
表1 適正収容個数の例