人工魚礁へのメバルの蝟集生態


宮城県水産研究開発センター 海洋資源部

[連絡先]0225-24-0138

[推進会議]東北ブロック

[専門]資源生態

[研究対象]他の底魚

[分類]行政


[ねらい・目的と成果の特徴]

ねらい:
人工魚礁でのメバルの蝟集生態の解明。

成果の特徴:
@平成9年6月から平成14年3月まで人工魚礁(海域礁)で毎月1回刺網調査を実施し漁獲したメバルの年齢を調べた。
A沿岸浅所から水深30〜40mの人工魚礁へ生後2〜3年目頃に移動することが分かった。
B3歳魚の蝟集量は年により最大10倍程度の差が見られた。

[成果の活用面等]

人工魚礁設置計画作成時の基礎資料及び資源管理手法の策定。

[具体的データ]

表1 1才魚は8尾しか漁獲されておらず人工魚礁へは2才魚以上から移動する。
表2 年齢別・年級別の刺網1反当りの平均漁獲尾数(CPUE)では3才魚が最も高いことから3才魚までには大半が移動するものと考えられた。