小型底びき網で漁獲したシャコの生残に対する海水シャワー装置の効果


福岡県水産海洋技術センター 豊前海研究所

[連絡先]0979-82-2151

[推進会議]瀬戸内海ブロック

[専門]漁業生産技術

[研究対象]他の甲殻類

[分類]普及


[ねらい・目的と成果の特徴]

・現在、当海区において小型底びき網漁業者の9割以上が海水シャワー装置を設置している。小型底びき網漁業の重要魚種であるシャコを対象として、再放流魚と出荷魚の活力向上を目的として開発された海水シャワー装置の効果を検証する。
・高水温期におけるシャワー未使用時の生残率は半分以下と低かったが、本装置を導入することによって8割以上の生残率を維持することが分かった。

[成果の活用面等]

・本装置導入によるシャコの生残率向上は、再放流効果のみでなく、出荷魚の生きが良くなることで、魚価向上につながると漁業者から高い評価を得ている。また、共同して行われた大分県と山口県の効果調査では、他魚種についても生残率の向上が認められ、各県で漁業者の関心が高まっている。

[具体的データ]

写真 海水シャワー装置 (使用状況とその概略図)

 試験区別シャコ生残率の推移
・シャワー未使用時の生残率は、春季及び秋〜冬季については概ね8割以上である。しかし、夏季には著しく低下し、半分以下になることが分かった。
・シャワーを使用した場合の生残率は、夏季においても8割以上を維持することが分かった。