蛍光染色剤を用いたオニオコゼ受精卵の核および染色体の挙動


石川県水産総合センター 技術開発部

[連絡先]0768-62-1324

[推進会議]水産養殖関係試験研究推進会議

[専門]水産遺伝育種

[研究対象]他の底魚

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・倍数対を誘起するには,受精卵の核および染色体の挙動を把握することが重要である。
・受精卵の核および染色体ヘキスト33342で染色し,その挙動を観察した。
・倍数体の誘起に必要な基礎的知見を得た。

[成果の活用面等]

・卵発生の観察,倍数体誘起条件の高度化

[具体的データ]

表1 オニオコゼ受精卵の発生段階の分類

 Stage 0(第2成熟分裂中期)
未受精卵
 Stage 6(第1卵割中期)
雄性、雌性両前核が接合し、核板を形成する。

図1 培養水温が発生ステージの出現頻度および出現時間へ及ぼす影響