漁船機関の始動性に及ぼす燃料油の蒸発性の影響


独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所 漁業生産工学部 機械化研究室

[連絡先]0479-44-5945

[推進会議]水産工学

[専門]漁船

[研究対象]

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・燃料油性状によって漁船機関の始動性は大きく影響を受ける。燃料油のセタン指数(着火性指標)による影響は把握され、燃料油規格にも反映されているが、さらに機関の始動性に与える蒸発性の影響も評価する必要がある。蒸発性の異なる燃料油を作製し、小型高速機関の始動性(始動の容易さ、白煙発生)を調べた。その結果、蒸発性が悪い燃料油では、始動時の白煙発生が顕著であり長時間持続した。漁船機関の低温始動を保証するためには蒸発性も重要な燃料油性状因子である。

[成果の活用面等]

・漁船燃料油規格への反映

[具体的データ]

図1 漁船用A重油の性状
(全漁連提供データ、50%留出温度とは液体の50%が蒸発する温度)

図2 実験装置

図3 試料油の蒸留特性
(試料油(1)は蒸発性が良く、試料油(3)は蒸発性が悪い。)

図4 機関始動時の白煙濃度
(白煙平均値とは始動後10分間の白煙濃度の平均値。低温時に試料油(3)は白煙発生が顕著。)