矢作川から知多湾への窒素・リン負荷の実態の把握 −東海豪雨の影響と土壌流出


中央水産研究所 海洋生産部
共同研究機関 愛知県水産試験場

[連絡先]045-788-7650

[推進会議]中央ブロック

[専門]低次生産

[研究対象]栄養塩

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・陸域から海域への物質輸送過程を解明するために,矢作川下流において長期間連続観測を実施し、流出土壌の海域への窒素・リン負荷に及ぼす影響を解析した
・知多湾には 2000年の東海豪雨後1週間に平水年の4.9年分の土壌物質が矢作川から流出した。同様に窒素・リンについては東海豪雨後1週間の負荷量は全窒素で0.8年分、全リンで2.4年分に達し、土壌無機リン負荷の影響が極めて大きい。また、東海豪雨の翌年にも、負荷リンの58%が懸濁態で負荷され、通常年でも増水時の懸濁態リン負荷(土壌リン負荷)がリン負荷の大部分を占めることが確認された。

[成果の活用面等]

・大出水時および通常年の窒素・リン負荷と土壌流出による栄養塩負荷実態の解明により,沿岸域環境システムのモデル化のための基本情報が得られた.

[具体的データ]

:東海豪雨後1週間(2000年9/12〜18),東海豪雨年(2000年6/8〜2001年6/7),および 東海豪雨翌年(2001年6/8〜2002年6/7)の矢作川から知多湾への窒素・リンの負荷量