ヒレナガカンパチの種苗生産技術開発


東京都小笠原水産センター

[連絡先]04998-2-2545

[推進会議]中央ブロック

[専門]飼育環境

[研究対象]ひれながかんぱち

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・現在カンパチ類の養殖用種苗は、外国産天然種苗に依存しているが、安定供給や病気の侵入が懸念される。そこで、本種の種苗生産技術を確立し、国内供給を可能とする。
・本種は市場ではカンパチと区別されないが、魚食性が強いため稚魚飼育はカンパチに比べると難しい。そこで、稚魚飼育時に水槽内へシェルターを設置するなどの工夫をした結果、万単位での生産に成功した。

[成果の活用面等]

・ヒレナガカンパチは小笠原では産卵期が4〜11月と長期にわたるため、養殖業者のニーズに応じて種苗の出荷サイズや時期を調節することが可能である。

[具体的データ]

1.飼育方法
 ・平成14年10月11日に採卵し、1トン水槽6基に収容した。
 ・10月12日にふ化し、ふ化3日後から、いわゆるS型ワムシを投与した。
 ・ふ化15日後からアルテミアを、24日後から配合飼料を投与した。

2.飼育結果
1)飼育魚の成長は表1のとおりである。
表1 ヒレナガカンパチ仔稚魚の成長

2)種苗生産結果は表2のとおりである。
表2 ヒレナガカンパチの種苗生産結果