サクラエビ漁業の漁況・資源動向予測


静岡県水産試験場漁業開発部

[連絡先]054-627-1817

[推進会議]中央ブロック

[専門]

[研究対象]他のえび類

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・サクラエビの最近20年間の年間漁獲量は、800〜4,000トンの間で大きく変動している。
・サクラエビの資源管理を行うには、漁期前の漁況予測が不可欠で、さらに精度を向上させることが求められている。
・秋漁で漁獲される当歳及び1歳サクラエビの体長が、漁期前に予測できるようになった。
・春漁で漁獲されるサクラエビの体長が、漁期前に予測できるようになった。

[成果の活用面等]

・体長予測結果を漁業者に知らせることで、小型のサクラエビが多い時期の積極的な漁獲を控えるようになり、当歳サクラエビが加入する秋漁初期の操業が改善された。
・漁況や資源動向の情報を広く提供することにより、漁業者だけでなく、加工業者を含めた関係者がより一層、資源管理に対して理解するようになった。

[具体的データ]

図1 当歳・1歳サクラエビの体長予測値と実測値(秋漁)
 秋漁で漁獲される当歳サクラエビの体長予測には主産卵場の水深100〜150m月別水温と産卵ピークを数値化したものを、1歳サクラエビの体長予測には富士川沖の水深100〜150m月別水温とその年の5月に漁獲されたサクラエビの平均体長を、それぞれ1985年以降のデータを用いて重回帰分析を行った。

図2 サクラエビの体長予測値と実測値(春漁)
 春漁で漁獲されるサクラエビの体長予測には、前年秋漁で漁獲された当歳サクラエビの平均体長と当年1〜2月の焼津地先水温データについて、1985年以降のデータを用いて重回帰分析を行った。

☆ 駿河湾のサクラエビ漁は春(3〜6月)と秋(10〜12月)の年2回漁期があります。産卵期間は6〜10月で6月11日〜9月末日までは県調整規則によって禁漁期間となっています。