2001年の有明海におけるマクロベントスの分布密度と底質環境


西海区水産研究所・海区水産業研究部

[連絡先]095-833-2695

[推進会議]西海ブロック

[専門]生物生産

[研究対象]ベントス

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・二枚貝の漁獲量減少が著しい有明海の海底環境について、環境指標となるマクロベントスの分布と底質の現状を明らかにする。
・(1)6月及び10月に干潟域を含む53点を対象に調査を実施した。
・(2)調査点の約半数が泥質であり、近年泥底域は拡大傾向にある(図1a)
・(3)全動物の平均密度(N/m2)は、6月が2,630、10月が1,494で生物群別に見ると多毛類が最も多く、二枚貝、ヨコエビ類の順に出現した。
・(4)分布密度を他の海域と比較すると(表1図1b,c)、有明海の砂底域では同水準、泥底域では高いが、近年減少傾向が見られ環境悪化との対応が示唆される。

[成果の活用面等]

・二枚貝の資源管理・増殖の基礎データとなる。

[具体的データ]

表1.高密度に分布する時期におけるマクロベントスの平均分布密度(N/m2)

図1.2001年6月の底質の中央粒径値(Mdφ)(a)と全動物分布密度(N/0.1m2)(b)及び、2001年10月の全動物分布密度(N/0.1m2)(c)