放流ヤコウガイの生残と成長


鹿児島県栽培漁業センター

[連絡先]0994-32-1003

[推進会議]西海ブロック

[専門]増養殖技術

[研究対象]他の巻貝

[分類]調査


[ねらい・目的と成果の特徴]

・天然海域(鹿児島県徳之島)で大きさ別に放流した稚貝の生残と成長を調べた。
・殻高30mm以上で放流した貝は約100日後に20%前後生きていたが,30mm未満では7%未満であった。
・1年で40〜50mm成長し,30mmで放流した貝は2年後に成熟サイズ(120mm)を超え,3年後には150mm(1kg)に達する。

[成果の活用面等]

・放流は30mm以上でするのが効果的。
・漁業者に対して大きさの採捕規制を設ける際の説明材料にできる。

*殻高:殻の縦の長さ

[具体的データ]

(分かりやすい図表を中心に)

:放流100日前後での生残状況
*放流サイズ,大きさは平均の値で単位 はmm
*生残率の単位は%

:徳之島での放流ヤコウガイの成長