タイワンガザミの種苗量産技術


沖縄県栽培漁業センター

[連絡先]0980-47-5411

[推進会議]西海ブロック

[専門]飼育環境

[研究対象]他のカニ類

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・真菌症防除対策を施した新施設を使用し、餌料については脂肪酸による栄養強化剤の使用量を見直して、種苗を安定して量産する技術を開発する
・(1)ゾエア期の真菌症は、照度を高め、アジテーターを備えた水槽で種苗生産を行うと発症しない
・(2)メガロパ変態時の脱皮失敗による大量死は、餌料の脂肪酸含量を従来より少なくすると防止できる

[成果の活用面等]

・計画的な種苗生産が行えるようになる

[具体的データ]

図1 ゾエア期の大量死対策

ゾエア期に真菌症が発生すると、ほとんどの幼生がへい死するが、飼育水槽の照度を高め(木村,1995)、アジテーターを備えた水槽で種苗生産を行うと真菌症は発症しなかった(佐多ほか,2002)

図2 メガロパ変態時の大量死対策

メガロパ変態時に形態異常[メガロパ的ゾエア(浜崎,1998)、背棘異常・活力不足など(佐多ほか,2002)]がみられると、多くの幼生が正常に脱皮できずにへい死するが、餌料の不飽和脂肪酸含量を従来より少なくすると防止できた