沖縄におけるマダイの産卵開始時期と早期採卵技術


沖縄県栽培漁業センター

[連絡先]0980-47-5411

[推進会議]西海ブロック

[専門]増養殖技術

[研究対象]たい

[分類]研究


[ねらい・目的と成果の特徴]

・沖縄におけるマダイの産卵開始時期を確かめるとともに、飼育水温と日長条件の制御による早期採卵を行った。
・(1)沖縄島において、マダイは2月上旬から産卵を始める(図1)。
・(2)飼育水温を17℃に降下させ、日没前〜午後8時まで電灯光照射を行い、産卵開始時期を2カ月早めることができた(図2表1)。
・(3)早期採卵での浮上卵率は50%以上で、種苗生産が可能であった(表1)。

[成果の活用面等]

・(1)種苗生産時期・種苗配布時期を早めることができる。
・(2)水温制御・長日処理を早め、より早期の採卵も可能と思われる。
・(3)他魚種との種苗生産時期の重複を回避できる。

[具体的データ]

表1 マダイ親魚の測定記録と飼育(採卵)結果

図1 自然採卵によるマダイの採卵量と水温の経過

図2 早期採卵によるマダイの採卵量と水温の経過