イワナSalvelinus leucomaenisのフッキングモータリティー実験


[要約]在来マス類であるイワナのリリース後の生残等について調べ、資源として再生産に寄与する効果的なリリース方法を検討した結果、口腔より奥へ飲み込まれた鉤は、無理に外さずハリスをカットしたほうが良いということが判った。

栃木県水産試験場 水産技術部 資源研究室

[連絡先]0287-98-2888

[推進会議]内水面

[専門]資源評価

[対象]他の淡水魚

[分類]普及


[背景・ねらい]

 近年、制限体長以上の魚を釣り上げても、放流する『キャッチ&リリース』を行う釣り人が増えてきたが、リリース後の生残などはまだ明らかになっていなかった。

 このため、イワナのリリース後の生残等について調べ、資源としての再生産に寄与する効果的なリリースの方法を検討した。

[成果の内容・特徴]

・『口腔』と『体表』では、釣獲方法の違いによらず、死亡する可能性は極めて小さかった。

・『口腔』と『体表』では、傷口から菌が侵入し、周りの炎症から死亡することが考えられた。

・ 砂を塗してリリースされた魚の生残性は、低くなることが考えられた。(病気を誘引する可能性が大きい)

・『食道』では、鉤を無理に外すと死亡する割合が、特に幼魚で高かった。(図1

・『口腔』に残留した鉤は、釣獲方法の違いによらず、3週間以内に80%以上が脱落した。

・『食道』で、ハリスをカットしてリリースした場合、3ヶ月以内に20~40%が脱落した。(図3

・体内に残留した鉤は、腐蝕により破損・脱落・排出されるケースが見られた。

[成果の活用面・留意点]

・ 効果的なリリースの方法としては、口腔より奥に掛かった鉤は、無理に外さずハリスを切ったほうが生残を高められる。

・ 口腔に残った鉤は、漁法によらず高い割合で排出されるが、食道に掛かった鉤は長期間残留する。

・ 釣獲した魚の取り扱い方法により、リリース後の生残が高められる。

[具体的データ]

表1 イワナ幼魚の死亡状況

表2 イワナ成魚の死亡状況

表3 イワナ幼魚・成魚における鉤の脱落状況


[その他]

研究課題名:平成11年度渓流域生態系管理手法開発事業検討会(国庫事業)

予算区分:

研究期間:平成11年度(平成10年度〜11年度)

研究担当者:土居 隆秀、中村 智幸

発表論文等:栃木県水産試験場、平成11年度渓流域生態系管理手法開発事業結果報告書、2000 p15〜20.