FRA:独立行政法人 水産総合研究センター
おさかな通信 第 100 号 (平成25年 1月 9日発行)

 読者の皆さま、 あけましておめでとうございます。 本年も水研センターをよろしくお願いいたします。
 おさかな通信も、 平成16年10月の発行から、 本号をもって 100号を迎えることができました。 これからもホットな話題をお届けしていきますので、 よろしくお願いいたします。


【目次】
◆ トピックス
・ 2012年水研センターの主なできごと
◆ プレスリリース報告
・ (12/20) 平成24年度第 2 回太平洋いわし類 ・ マアジ ・ さば類長期漁海況予報
・ (12/14) 平成24年度第 4 回東北海区海況予報
◆ シリーズ
・ 食卓を彩るさかなたち
◆ 刊行物のお知らせ
・ 「FRANEWS」 を刊行
・ 「おさかな瓦版」 を刊行
◆ お知らせ
・ 平成23年度海洋水産資源開発調査結果の概要を掲載
・ 海とさかな自由研究 ・ 作品コンクールの水研センター理事長賞が決定
◆ 東日本大震災関連情報について
◆ 今月の壁紙
◆ 契約に関する情報
◆ 編集後記
・担当者のひとりごと
◆ 配信手続き
・配信停止・配信先変更等


【トピックス】
◆ 2012年水研センターの主なできごと
 2012年 1年間にプレスリリースやホームページなどでお知らせしたものの中から、 主なニュースや社会的に反響の大きかったものを取りまとめました。

○ 東日本大震災からの復興、放射能問題対応の研究開発を引き続き実施
○ シラスウナギの不漁に端を発するウナギの課題に対応
○ 有明海八代海を中心とした環境研究の進展
○ 種苗生産・飼育技術が進展
○ 養殖関連の新しい技術
○ 大型クラゲ対策研究の進展  など

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr24/241227/index.html


【プレスリリース報告】
◆ 平成24年度第 2 回太平洋いわし類 ・ マアジ ・ さば類長期漁海況予報
 水研センターは、 太平洋に面する21都府県の研究機関、 漁業情報サービスセンターとともに、 今後 (平成25年 1月〜 6月) の海況やいわし類、 マアジ、 さば類の来遊量予測を、 検討してとりまとめました。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk24/20121220.pdf

◆ 平成24年度第 4 回東北海区海況予報
 今後 (平成25年 1月〜 2月) の見通しは、 近海の黒潮続流の北限位置はやや北偏で推移し、 親潮第 1分枝の張り出しは南偏〜平年並みで推移します。 また、 金華山沖の暖水塊は消滅すると予測されます。



【シリーズ】
◆ 食卓を彩るさかなたち − 40  「クロマグロ」

 私たち水研センターが調査・ 研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第40回は、 私たちが好きな 「クロマグロ」 を紹介します。


 クロマグロは 「スズキ目サバ科」 に分類され、 主に北半球の温帯から亜熱帯の水域に生息しています。 太平洋に生息するクロマグロと、 大西洋、 地中海に生息するクロマグロは、 別の種類と考えられています。

 太平洋に生息するクロマグロは、 沖縄の南、 南西諸島から台湾沖合の海域で、 3月から 5月に産卵します。 メスが直径 1ミリ程の卵を数百万粒放卵したところに、 オスが放精して受精します。 受精した卵は、 24時間程度でふ化します。

 ふ化したクロマグロの仔魚は、 約 3ミリです。 成長が早く、 夏頃には15〜20センチまでになります。 1歳になる頃には約50センチ、 3歳で約 1メートル、 9歳で約 2メートルに成長するといわれています。

 日本でのクロマグロ漁獲量は、 2009年は17,524トン、 2010年は10,353トン、 2011年は16,500トンで、 最近 5年間 (2006〜2010年) の漁獲量は平均14,000トン程度となっています。 近年では、 養殖ものもあります。 統計データはありませんが、 2011年には約9,000トンの生産量があったと言われています。

 近年、 大西洋クロマグロのレッドリスト (絶滅のおそれがある生物) へ掲載する動き (実際には否決) や、 クロマグロが増えているなど、 クロマグロの資源に関する報道が見受けられます。 皆さんが安心して食べられるよう、 水研センターは調査研究を進めていきます。

 クロマグロは、 刺し身、 寿司ネタ、 焼き物などでおいしくいただけます。 日本だけでなく、 スペインやハワイなどの料理でも利用されます。 醤油でつけた 「ヅケ」 のほかに、 塩をまんべんなくまぶして寝かせた 「塩マグロ」 があるそうです。 作り方はいたって簡単なようですので、 お試しあれ。


詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
 水生生物情報データベース →  http://aquadb.fra.affrc.go.jp/~aquadb/
 国際水産資源の現況 →  http://kokushi.job.affrc.go.jp/index.html
 マグロ類の研究情報 →  http://www.fra.affrc.go.jp/kseika/maguro/


【刊行物のお知らせ】
◆ 「FRANEWS」 第33号を刊行しました
 水研センターの広報誌 「FRANEWS」 第33号を刊行しました。 今号の特集は、 「ブリ」 です。
 身近な魚 「ブリ」 について、 水研センターが関わっている資源管理、 生態の研究、 新しい養殖技術の開発など、 あまり知られていないブリにまつわる話を紹介しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html#fnews

◆ 「おさかな瓦版」 50号を刊行しました
 水研センターのニュースレター 「おさかな瓦版」 50号を刊行しました。 シリーズ 「世界のさかなたち」 では、 「かじき類」 をとりあげています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html#letter
その他の刊行物はこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull-index.html


【お知らせ】
◆ 平成23年度海洋水産資源開発調査結果の概要を掲載
 開発調査センターは、 平成23年度に実施した海洋水産資源開発事業の調査結果をホームページへ掲載しました。


◆ 海とさかな自由研究 ・ 作品コンクールの水研センター理事長賞が決定
 朝日新聞社と朝日学生新聞社が主催する 「海とさかな自由研究 ・ 作品コンクール」 の、 自由研究と創作部門の水研センター理事長賞が決定しました。
 受賞した作品は、 農林水産大臣賞受賞作品とともに、 「さかなと森の観察園 (栃木県日光市。 現在冬期閉園中で 3月20日から再開)」 に展示します。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/topics/241208/index.html


【東日本大震災関連情報について】
 水研センターで行っている、 東日本大震災関連の調査 ・ 研究などの情報をホームページで公開しています。 その中で、 水産庁の要請により調査、 測定した水産物等の放射能物質調査結果等も公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html
震災に関する調査研究情報はこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html#reports
放射能影響調査等の測定結果はこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/eq/effects.html
水生生物における放射性物質の挙動について →  http://www.fra.affrc.go.jp/eq/Nuclear_accident_effects/index.html


【今月の壁紙】
水研センターの研究対象種や、 めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、 無料で配布しています。
2013年 1月, 2月の写真は、 「ヤリイカ (外套長200ミリ前後)」 です。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html


【契約に関する情報】
水研センターの入札等に関する情報を、 ホームページ上で公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】
 1月 5日は、 「魚河岸初競り」 です。

 官公庁などでは 1月 4日が仕事始めですが、 各地の魚河岸では、 今年最初のせりをする 1月 5日が、 魚河岸の仕事始めにあたります。
 新年の初物ですので、 ご祝儀が込められた相場で取り引きされます。 毎年、 クロマグロの価格が報道などで賑わせています。 (今年は、 なんと約 1億 5千万円の値がつきました!) 今年は景気の良い年になると良いですね。  (担当:O)


【配信手続き】
配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

 ※このメールマガジンが「迷惑メール」に判定され、ゴミ箱や迷惑メールのフォルダへ 振り分けられる場合があります。
  その際には、お手数をおかけしますが、ご利用のメールソフトにおいて、「1.迷惑メールではない」というマークをつけ
  ていただき、「2.差出人をセーフリストに追加」していただきますようお願いいたします。

配信解除、配信先変更等 →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html
ご意見・ご感想等 → www@fra.affrc.go.jp