FRA:独立行政法人 水産総合研究センター
おさかな通信 第 110 号 (平成25年11月13日発行)

 読者の皆さま、 いかがお過ごしでしょうか。
 今週に入り、 関東では例年より早く木枯らしが吹きました。 北海道や東北地方で初雪の報道もあり、 もう秋から冬へ季節が変わっているんだなと感じます。
 日中と朝晩の気温差が大きくなっています。 風邪をひかないよう、 手洗いやうがい、 十分な栄養補給などを心がけたいものです。


【目次】
◆ プレスリリース報告
・ (10/23) 東北区水産研究所宮古庁舎が竣工
・ (10/25) 平成25年度第 1 回対馬暖流系マアジ ・ さば類 ・ いわし類長期漁海況予報
◆ シリーズ
・ 食卓を彩るさかなたち
◆ 刊行物のお知らせ
・ 「東北水産研究レター」 を刊行
・ 「瀬戸内通信」 を刊行
◆ お知らせ
・ (11/23、 24) 国際水圏メタゲノムシンポジウムを開催
・ (12/ 2) 平成25年度海洋水産資源開発事業成果報告会を開催
・ 平成24年度海洋水産資源開発調査結果の概要を掲載
◆ 大型クラゲ情報について
◆ 東日本大震災関連情報について
◆ 今月の壁紙
◆ 契約に関する情報
◆ 編集後記
・担当者のひとりごと
◆ 配信手続き
・配信停止・配信先変更等


【プレスリリース報告】
◆ 東北区水産研究所宮古庁舎が竣工 −東日本大震災からの沿岸漁業復興のための研究開発拠点として−
 このたび、 東日本大震災で全壊した東北区水産研究所宮古庁舎が、 沿岸資源研究の拠点となる施設として、 装いを新たに竣工する運びとなりました。


◆ 平成25年度第 1 回対馬暖流系マアジ ・ さば類 ・ いわし類長期漁海況予報
 今後 (11月〜26年 3月) の来遊水準の見通しは、 マアジ、 マサバ、 ゴマサバは 「前年並み」、 マイワシは 「前年、 平年 (過去 5年の平均値) を上回る」、 ウルメイワシは 「前年並みで、 平年を上回る」、 カタクチイワシは 「前年、 平年並み」 と予測されます。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk25/20131025.pdf


【シリーズ】
◆ 食卓を彩るさかなたち − 50  「メバチ」

 私たち水研センターが調査・ 研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第50回は、 "刺し身" や "寿司ネタ" などでおいしい 「メバチ」 を紹介します。


 メバチは 「スズキ目サバ科」 に分類されるマグロの仲間で、 北緯40度と南緯40度の間の世界中の水域に分布しています。 亜熱帯から熱帯の海を大きな群れをつくって泳ぎ回っていて、 群れの中にはキハダの幼魚やカツオも一緒にいます。

 メバチは、 北緯20度と南緯20度の水温が24℃以上の水域で、 直径0.8 〜 1.2ミリぐらいで200〜350万粒の卵を、 夜 (日没〜真夜中) に産みます。

 1〜 2日でふ化したメバチの赤ちゃんは、 2〜 3日で小さなプランクトンを食べて成長するようになります。

 自力で泳げるようになったメバチの稚魚は、 エサを求めて回遊するようになります。 流れ藻や流木などの影に隠れるようにして移動します。 小型のメバチはキハダやイルカと群れをつくって回遊しますが、 成長すると、 キハダやイルカの群れから離れて、 水深100〜200メートルの冷たいところで生息するようになります。

 成長は速くて、 1歳で44センチ、 2歳で76センチ、 3歳で102センチの大きさになります。

 日本での漁獲量は、 2010年は54,911トン、 2011年は53,764トン、 2012年は49,400トンとなっています。

 近年、 メバチの資源量が減少していることから、 まき網漁業では集魚装置を利用した操業の 3ヵ月間禁止、 はえ縄漁業では2001年〜2004年の漁獲量の平均値から30パーセントの削減などを実施して、 資源を管理しています。

 メバチは、 刺し身や寿司ネタなどでおいしくいただけます。 小型のメバチは、 缶詰や魚肉ソーセージなどの加工用としても利用されています。


詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
 水生生物情報データベース →  http://aquadb.fra.affrc.go.jp/~aquadb/
 国際漁業資源の現況 →  http://kokushi.job.affrc.go.jp/
 おさかな瓦版 「49号メバチ」 →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/letter/no49.pdf


【刊行物のお知らせ】
◆ 「東北水産研究レター」 29号を刊行しました
 東北区水産研究所は、 研究活動、 成果やトピックスをわかりやすくお知らせすることを目的として、 「東北水産研究ニュースレター」 を発行しています。
 今号には 「無給餌養殖漁場における植物プランクトンの多様性の変化」 と 「海洋水産資源を支える珪藻の成功の秘密を未知の藻類: パルマ藻で探る」 を掲載しています。

詳しくはこちらから →  http://tnfri.fra.affrc.go.jp/pub/letter/index.html

◆ 「瀬戸内通信」 第18号を刊行しました
 瀬戸内海区水産研究所は、 研究活動、 成果やトピックスをわかりやすくお知らせすることを目的として、 「瀬戸内通信」 を発行しています。
 今号には 「アサリを食べるグルメな魚たち」 や 「クルマエビの"血筋"を調べる」 などを掲載しています。

詳しくはこちらから →  http://feis.fra.affrc.go.jp/publi/setotsuu/index.html


【お知らせ】
◆ 国際水圏メタゲノムシンポジウムを開催
 水研センターと北里大学は、 11月23日、 24日に北里大学薬学部コンベンションホールにおいて国際水圏メタゲノムシンポジウムを開催します。

○ 日 時 : 平成25年11月23日 (土) 、 24日 (日)  9:30 〜 16:40 (24日は15:15まで)
○ 場 所 : 北里大学薬学部コンベンションホール (東京都港区白金)

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr25/251023-1/index.html

◆ 平成25年度海洋水産資源開発事業成果報告会を開催
 開発調査センターは、 12月 2日に平成25年度海洋水産資源開発事業成果報告会を 「連携を生み出す力」 をテーマに開催します。
 参加は無料ですが、 事前にお申し込みをお願いします。

○ 日 時 : 平成25年12月 2日 (月) 14:00 〜 18:00
○ 場 所 : ルポール麹町 (東京都千代田区平河町)
○ その他 : 11月22日 (金) までに事前登録をお願いします。
詳しくはこちらから →  http://jamarc.fra.affrc.go.jp/conference2013/index.htm

◆ 平成24年度海洋水産資源開発調査結果の概要を掲載
 開発調査センターは、 平成24度に実施した海洋水産資源開発事業の調査結果をホームページへ掲載しました。



【大型クラゲ情報について】
 大型クラゲの出現動向について、 迅速に情報提供を行っています。 11月 8日に、 「大型クラゲの出現状況 (国際フェリー調査結果等) について (第 7 報)」 を発信しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/kurage/


【東日本大震災関連情報について】
 水研センターで行っている、 東日本大震災関連の調査 ・ 研究などの情報をホームページで公開しています。 その中で、 水産庁の要請により調査、 測定した水産物等の放射能物質調査結果等も公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html
震災に関する調査研究情報はこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html#reports
放射能影響調査等の測定結果はこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/eq/effects.html
水生生物における放射性物質の挙動について →  http://www.fra.affrc.go.jp/eq/Nuclear_accident_effects/index.html


【今月の壁紙】
水研センターの研究対象種や、 めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、 無料で配布しています。
2013年11月, 12月の写真は、 「ババガレイ (稚魚15センチ) 」 です。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html


【契約に関する情報】
水研センターの入札等に関する情報を、 ホームページ上で公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】
 11月第 4土曜日 (今年は11月23日) は、 「松葉がにの日」 です。

 1845年に書かれた鳥取藩の 「町目付日記」 が、 松葉がにの名称が登場するもっとも古い文献にちなんで、 平成12年に鳥取県松葉がにPR推進協議会が制定しました。
 松葉がにとは、 山陰地方で水揚げされたズワイガニのオスの呼称です。 ちょうど旬をむかえ、 おいしい季節です。 先輩方、 おいしいカニを食べに連れてってくれませんか?!  (担当:O)


【配信手続き】
配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

 ※このメールマガジンが「迷惑メール」に判定され、ゴミ箱や迷惑メールのフォルダへ 振り分けられる場合があります。
  その際には、お手数をおかけしますが、ご利用のメールソフトにおいて、「1.迷惑メールではない」というマークをつけ
  ていただき、「2.差出人をセーフリストに追加」していただきますようお願いいたします。

配信解除、配信先変更等 →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html
ご意見・ご感想等 → www@fra.affrc.go.jp