FRA:独立行政法人 水産総合研究センター
おさかな通信 第 119 号 (平成26年 8月13日発行)

 読者の皆さま、 いかがお過ごしでしょうか。
 台風11号の影響で遅れましたが、 甲子園では夏の全国高校野球選手権大会が開催されています。 出身県の代表がどこまで勝ち上がるか、 楽しみです。
 暑い日が続いています。 熱中症や海や河での水難事故の報道が多くなっています。 こまめな水分や塩分の補給はもちろんですが、 十分な睡眠、 栄養の補給も忘れずにして、 楽しい夏を過ごしたいものです。


【目次】
◆ プレスリリース報告
・ (8/01) 平成26年度第 1 回太平洋いわし類 ・ マアジ ・ さば類長期漁海況予報
・ (7/31) 平成26年度北西太平洋サンマ長期漁海況予報 ・ 第 3 回東北海区海況予報
・ (7/18) 平成26年度第 1 回太平洋スルメイカ長期漁況予報
・ (7/18) 平成26年度第 2 回日本海スルメイカ長期漁況予報
◆ シリーズ
・ 食卓を彩るさかなたち
◆ 刊行物のお知らせ
・ 「FRANEWS」 を刊行
・ 「おさかな瓦版」 を刊行
◆ お知らせ
・ (8/23) 研究所一般公開開催のお知らせ
◆ 大型クラゲ情報について
◆ 東日本大震災関連情報について
◆ 今月の壁紙
◆ 契約に関する情報
◆ 編集後記
・担当者のひとりごと
◆ 配信手続き
・配信停止・配信先変更等


【プレスリリース報告】
◆ 平成26年度第 1 回太平洋いわし類 ・ マアジ ・ さば類長期漁海況予報
 今後 ( 8月 〜 12月) の来遊量の見通しは、 マイワシは相模湾より西は前年を上回る海域が多く房総より北は前年並みか下回る、 カタクチイワシは前年並みから下回る、 ウルメイワシは豊後水道南部西側、 紀伊水道外域西側、 熊野灘では前年並みから上回り、 その他の海域では下回る、 マアジは前年を下回る海域が多い、 マサバは前年を上回る、 ゴマサバは前年並みから上回る海域が多いと予測されます。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk26/20140801.pdf

◆ 平成26年度北西太平洋サンマ長期漁海況予報 ・ 第 3 回東北海区海況予報
 今後 ( 8月 〜 12月) の見通しは、 日本近海への魚群の来遊が遅れ、 8月の漁況は低調ですが、 9月には上向き、 漁期を通して大型魚の割合が高いと予測されます。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk26/20140731.pdf

◆ 平成26年度第 1 回太平洋スルメイカ長期漁況予報
 今後 ( 7月 〜 9月) の見通しは、 来遊量は前年並み、 魚体の大きさは道東太平洋海域は前年並み、 津軽海峡から道南太平洋海域および常磐から三陸海域は前年よりおおきいと予測されます。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk26/20140718_t.pdf

◆ 平成26年度第 2 回日本海スルメイカ長期漁況予報
 今後 ( 8月 〜 12月) の見通しは、 来遊量は前年および近年 (平成21年 〜 25年) 平均を上回り、 魚体の大きさは近年の平均並みと予測されます。

詳しくはこちらから →  http://abchan.fra.go.jp/gk26/20140718_n.pdf


【シリーズ】
◆ 食卓を彩るさかなたち − 59  「カラフトマス」

 私たち水研センターが調査・ 研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第59回は、 "焼き物" や "刺し身" などでおいしい 「カラフトマス」 を紹介します。


 カラフトマスは 「サケ目サケ科」 に分類され、 北緯36度より北の太平洋、 ベーリング海、 オホーツク海、 日本海と北極海の一部にまで生息しています。 「樺太 (からふと。 現在はサハリン) にたくさんいるマス」 という意味でカラフトマスと呼ばれています。

 カラフトマスは、 8月から10月に産卵期をむかえます。 流れが速い浅瀬の河床に、 メスが穴を掘って産卵し、 オスが放精したのちにメスが再び穴を埋めます。 産卵される数は、 1匹当たり1,300粒から1,700粒です。

 ふ化したカラフトマスは、 産卵された穴の中 (砂れき) でお腹の卵黄を吸収して成長します。 お腹の卵黄がなくなり、 大きさが 3センチぐらいになった 3月下旬から 6月に、 穴の中から出て、 川を下ります。

 川を下ったカラフトマスは、 沿岸で過ごしたのち成長とともに沖合へ移動します。 海水温が低くなるころには、 千島列島を抜けて北太平洋へ移動します。 約 1年の間、 海での生活をして、 生まれてから 2年後に産卵のために川へ帰ってきます。

 ます類 (カラフトマス、 サクラマス) の海上と河川をあわせた漁獲量は、 2010年で15,888トン、 2011年で11,532トン、 2012年で6,179トンとなっています。 毎年約 1億 4千万尾の稚魚を放流して、 カラフトマスの資源を管理しています。

 カラフトマスは、 塩焼きやムニエル、 フライや刺し身などでおいしくいただけます。 また、 加工品として、 卵を膜につつまれたまま塩漬けにした 「筋子 (すじこ) 」 もおいしいです。 天然ものが手に入って刺し身で食べるときは、 アニサキスなど寄生虫がついていることがありますので、 一度凍らせて (−20度で24時間以上) からにして下さい。


詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
 水生生物情報データベース →  http://aquadb.fra.affrc.go.jp/~aquadb/
 国際漁業資源の現況 →  http://kokushi.job.affrc.go.jp/
 北海道区水産研究所さけます情報 →  http://hnf.fra.affrc.go.jp/template/sakemasu.html
 FRANEWS第16号 「サケの仲間たち」  →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html#fnews


【刊行物のお知らせ】
◆ 「FRANEWS」 第39号を刊行しました
 水研センターの広報誌 「FRANEWS」 第39号を刊行しました。 今号の特集は、 「日本の食卓を守る」 です。
 水研センターが取り組んでいる 5つの重点項目、 東日本大震災から復興への取り組みについて、 最新の研究成果をわかりやすく紹介しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html#fnews

◆ 「おさかな瓦版」 第60号を刊行しました
 水研センターのニュースレター 「おさかな瓦版」 第60号を刊行しました。 シリーズ 「川や湖のさかなたち」 では、 「オイカワ」 をとりあげています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/pr.html#letter


【お知らせ】
◆ 研究所一般公開開催のお知らせ
 水研センターでは、 研究の内容や成果を多くの皆さまに知っていただくために、 研究所の一般公開を実施しています。 7月中旬から 8月下旬に行う一般公開は以下のとおりとなっています。
 入場は無料ですので、 お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

東北区水産研究所塩釜庁舎一般公開
 ○ 日 時 : 平成26年 8月23日 (土) 10:00 〜 15:00
 ○ 場 所 : 宮城県塩釜市新浜町

 詳しくはこちらから →  http://tnfri.fra.affrc.go.jp/event/h26/koukai/jouhou.html


【東日本大震災関連情報について】
 水研センターで行っている、 東日本大震災関連の調査 ・ 研究などの情報をホームページで公開しています。 その中で、 水産庁の要請により調査、 測定した水産物等の放射能物質調査結果等も公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html


【今月の壁紙】
 水研センターの研究対象種や、 めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、 無料で配布しています。
 2014年 8月, 9月の写真は、 「ヤリイカの赤ちゃん (ふ化後60日) 」 です。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html


【契約に関する情報】
 水研センターの入札等に関する情報を、 ホームページ上で公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】
 8月31日は、 「野菜の日」 です。

 野菜についてもっと認識してもらいたいということから、 「や (8) さ (3) い (1) 」 の語呂合わせから全国青果物商業協同組合連合会など 9団体が1983年に制定しました。
 8月31日には、 各地で野菜の日にちなんだイベントが開催されます。 野菜の栄養素を知れば、 好き嫌いなんて言ってられませんよ?!  (担当:O)


【配信手続き】
配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

 ※このメールマガジンが「迷惑メール」に判定され、ゴミ箱や迷惑メールのフォルダへ 振り分けられる場合があります。
  その際には、お手数をおかけしますが、ご利用のメールソフトにおいて、「1.迷惑メールではない」というマークをつけ
  ていただき、「2.差出人をセーフリストに追加」していただきますようお願いいたします。

配信解除、配信先変更等 →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html
ご意見・ご感想等 → www@fra.affrc.go.jp