FRA:独立行政法人 水産総合研究センター
おさかな通信 第 128 号 (平成27年05月13日発行)

 読者の皆さま、 いかがお過ごしでしょうか。
 景色は桜から新緑に変わり、 過ごしやすい季節となりました。 運動するにも外出するにも良い時期ですので、 ゴールデンウィークでリラックスした身体をシャキッとさせるために、 運動など何か計画したいものですね。

【目次】
◆ プレスリリース報告
・ (04/28) 平成27年度第 1 回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報
・ (04/28) 平成27年度第 1 回日本海スルメイカ長期漁況予報
・ (04/24) 平成27年度第 1 回東北海区海況予報
・ (04/23) 定置網を壊す日本海の急潮の発生予測情報をインターネットで配信
・ (04/16) ニホンウナギ成魚は深海でも日出 ・ 日没を感知
・ (04/08) 平成27年度第 1 回日本海海況予報
◆ シリーズ
・ 食卓を彩るさかなたち
◆ 刊行物のお知らせ
・ 「研究報告」 を刊行
・ 「水産技術」 を刊行
・ 「西海区水産研究所主要研究成果集」 を刊行
◆ お知らせ
・ 平成27年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源動向
・ さけの里ふれあい広場にも春が来た!
◆ 東日本大震災関連情報について
◆ 今月の壁紙
◆ 契約に関する情報
◆ 編集後記
・担当者のひとりごと
◆ 配信手続き
・配信停止・配信先変更等


【プレスリリース報告】
◆平成27年度第 1 回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報
 今後 (5月〜 6月) のシラスの来遊量は、 紀伊水道東部のシラスは平年並みであった前年を下回る、 紀伊水道西部、 播磨灘南西部は不漁であった前年並み、 大阪湾、 播磨灘東部、 北西部は好漁であった前年並みおよび平年を下回ると予想されます。


◆平成27年度第 1 回日本海スルメイカ長期漁況予報
 今後 (5月〜 7月) の見通しは、 来遊量は前年及び近年 (平成22年から26年) 平均を上回り、 漁期の開始時期は、 前年と同様に近年平均並み、 漁場は石川県より北を中心に形成されると予想されます。


◆平成27年度第 1 回東北海区海況予報
 今後 (5月〜 6月) の見通しは、 近海の黒潮続流の北限位置は平年並みからやや北よりで、 親潮第 1 分枝の張り出しはやや南よりで推移して、 釧路沖および黒潮続流北縁に暖水塊が形成されると予想されます。


◆定置網を壊す日本海の急潮の発生予測情報をインターネットで配信
 日本海沿岸での急潮 (突発的な強い潮の流れ) の発生を精度良く予測する手法を開発して、 インターネットで漁業者を含めた一般に広くその情報予測状況を配信するようにしました。


◆ニホンウナギ成魚は深海でも日出 ・ 日没を感知
 ニホンウナギの成魚に超音波発信器を装着して産卵回遊中の行動を追跡した結果、 日出の約 1 時間前に潜行を開始し昼間は500〜800メートルの深度帯を遊泳、 日没時に浮上を開始し夜間は150〜300メートルの深度帯を遊泳することを明らかにしました。 この成果によって、 成魚が産卵場へ向かうルートの解明が期待されます。


◆平成27年度第 1 回日本海海況予報
 今後 (4月中旬〜 6月) の見通しは、 対馬暖流域の表面水温は 「平年並み (約 2 年に 1 回の出現確率で、 平年値プラスマイナス0.5度程度の水温) 」 で、 対馬暖流域の50メートル深水温は、 日本海西部および北部ともに 「平年並み」 で経過すると予想されます。



【シリーズ】
◆ 食卓を彩るさかなたち − 68  「ニギス」

 私たち水研センターが調査・ 研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第68回は、 "天ぷら" や "干もの" などでおいしい 「ニギス」 を紹介します。


 ニギスは 「ニギス目ニギス科」 に分類され、 日本海側は本州沿岸、 太平洋側は福島県よ南の水深100メートルから200メートルの水域に生息しています。 キスに似ていることからニギスと言われています。

 ニギスは年間を通じて産卵していますが、 春と秋に産卵のピークがあります。 産み出された卵やふ化した仔魚は、 プランクトンとして海中を漂って生活します。

 2センチほどに成長して自分で泳げるようになると、 水深100メートル前後の海底付近で生活するようになります。 カイアシ類やエビやカニの幼生を食べて成長して、 成長とともに水深100メートルから200メートルの場所へ移動していきます。

 1年で約10センチ、 2年で約15センチ、 5年で約25センチまで成長します。

 にぎす類 (ニギス、 カゴシマニギス) の漁獲量は、 2011年は3,490トン、 2012年は3,743トン、 2013年は3,176トンとなっています。 1983年までは10,000トンを超える漁獲量がありましたが、 徐々に減少して2002年には5,000トンを下回る漁獲量となっています。

 ニギスを継続的に漁獲できるように、 県によって休漁期間を設けたり、 網目を大きくして小さいものを逃がしたりして、 資源の維持管理を行っています。

 ニギスは、 天ぷらや塩焼きなどでおいしい魚です。 1年を通しておいしく食べられますが、 特に 5月と 9月は脂がのっておいしいといわれています。 ウェブサイトを検索すると、 ニギスの丸干しの作り方を見つけることができます。 いろいろな食べ方で旬を味わいたいものです。


詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
 水生生物情報データベース →  http://aquadb.fra.affrc.go.jp/~aquadb/
 わが国周辺の水産資源の現状を知るために →  http://abchan.fra.go.jp/


【刊行物のお知らせ】
◆ 「研究報告」 第40号を刊行しました
 水研センター 「研究報告」 第40号を刊行しました。
 今号は、 2013年10月に開催した第41回UJNR水産増養殖専門部会日米合同会議の発表要旨を掲載しています。


◆ 「水産技術」 第 7 巻第 2 号を刊行しました
 水研センターと公益社団法人日本水産学会は、 水産業に役立つ技術をいち早く伝え、 最新技術の活用促進を目的として、 「水産技術」 を刊行しています。
 今号には、 「静岡県内浦湾沿岸におけるアオリイカの遊漁実態と釣獲量の推定」 や 「サケの耳石温度標識パターンを増やすための標識時間の短縮」 などを掲載しています。


◆ 「西海区水産研究所主要研究成果集」 第19号 (平成26年度) を刊行しました
 西海区水産研究所は、 事業年度での最新または代表的な研究成果、 トピックスを取りまとめて、 「西海区水産研究所主要研究成果集」 を発行しています。
 平成26年度は31課題をとりまとめ、 「ノリの高付加価値化に向けた育種技術の開発」 や 「大型陸上水槽でのクロマグロ人工 3 歳魚の産卵」 などを掲載しています。

詳しくはこちらから →  http://snf.fra.affrc.go.jp/seika/snf14/seikano.19.pdf


【お知らせ】
◆ 平成27年竿釣り漁業が対象とするビンナガ来遊資源動向
 国際水産資源研究所は、 竿釣り漁業が対象としているビンナガがどれくらい来遊してくるのかを検討して、 平成27年分の情報を取りまとめました。

詳しくはこちらから →  http://fsf.fra.affrc.go.jp/27binnaga_summer.htm

◆ さけの里ふれあい広場にも春が来た!
 北海道千歳市にある 「さけの里ふれあい広場 (北海道区水産研究所千歳さけます事業所内) 」 では、 5月下旬までサケの稚魚、 8月下旬までサクラマスの稚魚などを展示しています。 体験館の方ではエサやりや放流の体験ができますので、 ご希望の方は職員に申しつけ下さい。
 お近くにお越しの際は、 これから新緑が美しくなる 「さけの里ふれあい広場」 へお立ち寄り下さい。

詳しくはこちらから →  http://hnf.fra.affrc.go.jp/new_topics/150424.html


【東日本大震災関連情報について】
 水研センターで行っている、 東日本大震災関連の調査 ・ 研究などの情報をホームページで公開しています。 その中で、 水産庁の要請により調査、 測定した水産物等の放射能物質調査結果等も公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/tohokueq/index.html


【今月の壁紙】
 水研センターの研究対象種や、 めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、 無料で配布しています。
 2014年 5月, 6月の写真は、 「かつお釣りの夜明け」 です。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html


【契約に関する情報】
 水研センターの入札等に関する情報を、 ホームページ上で公表しています。

詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】
 5月 1日は 「鯉の日」 です。

 タンパク質やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれている鯉の消費拡大を図るため、 全国養鯉振興協会 (茨城県行方市) が、 5 (こ) 1 (い) の語呂合わせから 5月 1日を 「鯉の日」 として制定しました。
 鯉を食べると聞いて驚く方もいらっしゃるかと思いますが、 長野県や福島県などでは一般的な食べ物です。 私は小さい頃から鯉料理に慣れ親しんでいますが、 甘煮やあらいを食べてみるとおいしいものですよ。  (担当:O)


【配信手続き】
配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

 ※このメールマガジンが「迷惑メール」に判定され、ゴミ箱や迷惑メールのフォルダへ 振り分けられる場合があります。
  その際には、お手数をおかけしますが、ご利用のメールソフトにおいて、「1.迷惑メールではない」というマークをつけ
  ていただき、「2.差出人をセーフリストに追加」していただきますようお願いいたします。

配信解除、配信先変更等 →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html
ご意見・ご感想等 → www@fra.affrc.go.jp