━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おさかな通信 (水研センターメールマガジン)

第 68 号    平成22年5月12日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
 ゴールデンウィークは、旅行に出かけたり、いやいや仕事をしていたりと、いろいろな 過ごし方をされたかと思います。日光にあるさかなと森の観察園では、特別展示「うなぎ のふしぎ」展に多くの方にご来園いただき、老若男女問わずウナギへの関心が高いんだな と、あらためて感じさせられました。


【目次】

 ◆プレスリリース報告
    ・世界初!スサビノリのゲノム情報を概読
    ・平成22年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報
    ・平成22年度日本海スルメイカ長期漁況予報

 ◆イベントのお知らせ
    ・第8回成果発表会を開催

 ◆シリーズ
    ・新シリーズ「食卓を彩るさかなたち」

 ◆刊行物のお知らせ
    ・「栽培漁業センター技報」を刊行
    ・「栽培漁業技術シリーズ」を刊行
    ・各研究所から情報誌を刊行

 ◆ローカル便り
    ・第4回ワムシ講座
    ・2010年5月の壁紙カレンダーを配布
    ・各地で稚魚の放流を実施

 ◆編集後記
    ・担当者のひとりごと

 ◆配信手続き
    ・配信停止・配信先変更等



【プレスリリース報告】

◆世界初!スサビノリのゲノム情報の概要を解読しました

 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社、日本ソフトウエアマネジメント株式会社 と共同で、ノリ養殖業の主要対象種である「スサビノリ」の全ゲノム塩基配列の解読に取 り組み、世界で初めてその概要を明らかにすることに成功しました。

 詳しくはこちらから
 →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/220427/

◆平成22年度第1回瀬戸内海東部カタクチイワシ漁況予報について

 詳しくはこちらから
 →  http://abchan.fra.go.jp/gk22/20100430_s.html

◆平成22年度日本海スルメイカ長期漁況予報について

 詳しくはこちらから
 →  http://abchan.fra.go.jp/gk22/20100430_n.html


【イベントのお知らせ】

◆第8回成果発表会を開催します

 第8回成果発表会を開催しますので、是非ご参加下さい。

 ○日 時:平成22年5月29日(土) 14:00〜16:00
 ○場 所:東京商工会議所 東商ホール(東京都千代田区丸の内)
 ○テーマ:世界初!!ウナギ完全養殖達成
       〜ウナギ安定供給への第一歩。とどけ世界へ!食卓へ!〜

 入場は無料となっていますが、事前に参加の申込みをお願いします。

   詳しくはこちらから
   →  http://www.fra.affrc.go.jp/seika/


【シリーズ】
  
◆食卓を彩るさかなたち − 9  「マアジ」


 私たち水産総合研究センターが調査・研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第9回は、刺身でもフライでも美味な「マアジ」を紹介します。

 
 マアジは、「スズキ目アジ科」に分類され、日本全国の沿岸から沖合に分布しています が、特に日本海や東シナ海に多く生息しています。
 マアジには、稜鱗(りょうりん。「ぜんご」あるいは「ぜいご」と呼ばれる硬いウロコ) が側線の全体にわたって存在しているという特長があります。

 マアジは、海域によって時期が違いますが、だいたい冬から初夏にかけて産卵します。 約1mmの卵を、2〜18万粒ほど産卵します。

 卵は水温20℃では、約40時間でふ化します。オキアミ類の幼生など小型のプランクトン を食べて成長し、1年で約17cmまで成長します。成長につれ、餌もオキアミ類やイワシ類 のシラスなどのプランクトンのほか、小型の魚類や頭足類なども食べるようになります。

 マアジの漁獲量は、昭和40年の53万トンをピークに減少して、昭和55年には5.4万トン まで減少しました。その後、平成8年には33万トンまで回復、維持していましたが、平成 11年には21万トンへ減少しました。現在は、17万トンくらいの漁獲量となっています。

 マアジには、生活習慣病の予防などに効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイ コサペンタエン酸)が多く含まれています。また、「血合肉」と呼ばれる暗赤色の部分に は、貧血の予防に効果がある鉄分やビタミン、ミネラル類が多く含まれています。

 刺身やたたきなどの生食、焼き物でもフライでもおいしく食べられます。千葉県の「な めろう(アジの身とネギ、青じそ、ミョウガ、おろし生姜などを、みそとあわせてたたい たもの)」もおかずでも酒の肴としてもおいしいです。もちろん、「アジの開き(干物)」 を忘れちゃいけませんね。また、「関アジ」をはじめとして、品質の高さをうたい、商標 登録されブランド化されたマアジが全国にたくさんありますので、これらを食べ比べてみ るのも良いですね。


 詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。

   水生生物情報データベース
    → http://150.26.214.105/~aquadb/
   わが国周辺の水産資源の現状を知るために
    → http://abchan.fra.go.jp/
   おさかな豆知識
    → http://nrifs.fra.affrc.go.jp/kakou/mame/index.htm#ajisaba


【刊行物のお知らせ】

◆「栽培漁業センター技報」第11号を刊行しました

 栽培漁業に関する技術開発の成果のうち、早急に技術普及をなすべきものなどを、迅速 に公表していくことを目的として、「栽培漁業センター技報」を刊行しています。

 今号には、「ブリ早期採卵における卵質の向上」や「長崎魚市場資料からみたクエの漁 獲傾向」などが掲載されています。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/03kankou/032gihou/gihou-no11.pdf

◆「栽培漁業技術シリーズ」15号を刊行しました

 体系化された栽培漁業に関わる技術を現場へ普及するために、技術シリーズを発行して います。

 今回、通巻15号は「クロソイの栽培漁業技術-定着種の種苗生産と放流効果調査-」です。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/03kankou/034series/series-no15.pdf
   その他の刊行物はこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/03kankou/03index.html

◆各研究所から情報誌が刊行されています

 研究活動やその成果、あるいはトピックスをわかりやすくお知らせすることを目的とし て、各研究所で情報誌を発行しています。

   「北の海から」第7号
   →  http://hnf.fra.affrc.go.jp/H-jouhou/news/kankoubutsu/kitanoumikara07.pdf

   「東北水産研究レター」15号
   →  http://tnfri.fra.affrc.go.jp/pub/letter/15/15.pdf

   「遠洋リサーチ&トピックス」第7号
   →  http://fsf.fra.affrc.go.jp/enyo_rt/rt7.pdf

   「瀬戸内通信」第11号
   →  http://feis.fra.affrc.go.jp/publi/setotsuu/setotsuu11.pdf

   「西海」第7号
   →  http://snf.fra.affrc.go.jp/print/seikai/seikai_7/seikai_7.pdf

   「養殖研究レター」第5号
   →  http://nria.fra.affrc.go.jp/letter/5.pdf

   「SALMON情報」第4号
   →  http://salmon.fra.affrc.go.jp/kankobutu/srr/srr004.pdf


【ローカル便り】

◆「ワムシ講座」を連載しています

 海産魚介類の仔魚(子ども)のエサに用いられる動物プランクトン「ワムシ」に関する情 報提供のために、新コーナー「ワムシ講座」を連載しています。

 第4回目は「培養水の溶存酸素とアンモニア態窒素」です。月1回更新、全12回の予定で 掲載していきます。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/15kouza/15kouza_w04.html

◆2010年5月の壁紙カレンダーを配布しています

 栽培漁業の対象種や、めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、無料 で配布しています。

 2010年5月の写真は、「ウナギ(シラスウナギ)」です。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/05pr/index.html

◆各地で稚魚の放流を行っています

 さけますセンター北見事業所で、カラフトマスの放流体験会を開催しました
 →  http://salmon.fra.affrc.go.jp/event/2010_0420kitami/2010kitami.htm

 宮古栽培漁業センターでニシンを放流しました
 →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/13houryu/013houryu_015.html


【契約に関する情報】

 水産総合研究センターの入札等に関する情報を、ホームページで公表しています。

 詳しくはこちらから
 → http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】

 5月12日は海上保安の日です。

 1948年、海上保安庁が開庁されたことを記念して、「海上保安庁開庁記念日」と制定さ れました。2000年より役割、活動をより一層理解していただくために「海上保安の日」へ 改称されました。

 いろいろと海難事故のニュースを目にします。事故に遭わないのが一番ですが、何事も 安全が一番ですね。



【配信手続き】

 配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
 また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

  配信解除、配信先変更等
  →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html

  ご意見・ご感想等  →  www@fra.affrc.go.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
編集・刊行・配信:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室

  〒220−6115
  神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
              クイーンズタワーB15階
  TEL 045-227-2600(代) FAX 045-227-2700

Copyright 2006, Fisheries Research Agency
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−