━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おさかな通信 (水研センターメールマガジン)

第 69 号    平成22年6月9日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 さわやかな初夏の季節となりましたが、読者の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 4年に一度の祭典、ワールドカップ南アフリカ大会がいよいよ金曜日から開催されます。 これから1ヶ月間、寝不足な毎日を過ごされる方もおられるでしょうが、十分体調管理に 注意しましょう。


【目次】

 ◆プレスリリース報告
    ・受精卵放流したニシンが大きくなって帰ってきました!
    ・平成22年度日本海マアジ長期漁況予報

 ◆シリーズ
    ・新シリーズ「食卓を彩るさかなたち」

 ◆イベントのお知らせ
    ・第30回全国豊かな海づくり大会に出展
    ・有明海・八代海におけるシャトネラ等赤潮対策シンポジウムの開催
    ・サイエンスキャンプ開催のお知らせ
    ・いいおか港・水産まつり2010に出展

 ◆ローカル便り
    ・第5回ワムシ講座
    ・2010年6月の壁紙カレンダーを配布
    ・ニシンの人工授精を実施
    ・サクラマス幼魚やサケ稚魚の放流を実施

 ◆編集後記
    ・担当者のひとりごと

 ◆配信手続き
    ・配信停止・配信先変更等



【プレスリリース報告】

◆受精卵放流したニシンが大きくなって帰ってきました!
  〜漁業者によるニシン増殖活動の成果が見え始めた〜

 1984年から宮古湾におけるニシンの種苗放流を、宮古栽培漁業センターが中心となって 行っています。それまでは数キロであった宮古湾のニシンの漁獲量が、現在では1トンを 超えるまで大幅に増加してきました。

 種苗放流によって増えたニシン資源を、漁業者自らが関与して保護、管理する手法とし て、2004年からは漁網に産み付けられた卵の保護や受精卵放流を漁業者が主体となって行 っています。

 詳しくはこちらから
 →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/220608/

◆平成22年度日本海マアジ長期漁況予報について

 日本海におけるマアジの来遊量は、日本海西部と中北部ともに前年並みの見通しです。

 詳しくはこちらから
 →  http://abchan.fra.go.jp/gk22/20100524.html


【シリーズ】
  
◆食卓を彩るさかなたち − 10  「アユ」


 私たち水産総合研究センターが調査・研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第10回は、塩焼きが美味な「アユ」を紹介します。

 
 アユは、「サケ目アユ科」に分類され、川と海を回遊する魚です。北は北海道西岸の余 市川あたりから、南は亜熱帯湿潤気候の奄美大島までの日本列島ほぼ全域に生息します。 アユは1属1種の魚ですが、海と川を回遊するもの(海産)、琵琶湖など淡水で一生過ごすも の(湖産)がいます。

 海産アユは、川の水温が下がる秋頃に河口付近で産卵します。産卵にそなえて川を下る アユを「落ちアユ」といい、体が錆びたような茶色や黒に変色してきて、表面もザラザラ してきます。

 アユは一度の産卵で、約1mmの卵を1〜10万粒ほど産みます。産卵を終えたアユは、ほと んどがサケと同じように死んでしまいますが、中には翌年まで生き延びるアユもいます。

 卵は水温18℃では2週間程度でふ化します。ふ化したアユ(仔魚)は、川の流れに乗って 下り、海へ出て成長します。ふ化してまもない仔魚は、腹部の卵黄を吸収しながら成長し ます。腹部の卵黄がなくなると、カイアシ類(ノープリウス)などの動物プランクトンを食 べて成長します。

 体長が5cm程度に成長すると、稚アユに変態して川をのぼるようになります。川と海の 水温が同じぐらいになる頃から川をのぼり始め、中流域に住み着くころには、川底の石な どに付着したコケ(ケイ藻やラン藻)類を食べて成長します。コケ類を食べ始めると成長す る速さが早くなり、秋の産卵期をむかえる頃には20cm程度まで成長します。

 アユは、川底の石などに付着したコケ類が豊富な場所を占有しようと、縄張りをつくり ます。縄張りに侵入したアユを追い出そうと、体当たりする習性を利用した「友釣り」が 有名です。テレビなどの報道で、6月1日を釣りの解禁日とする関東の河川に、釣り人でに ぎわっている風景を目にする季節となりました。

 アユは「香魚」とも言われます。独特の香りを感じながら食べられる、塩焼きが一般的 な食べ方です。ほかにも、背越し(ウロコと頭を落として内臓を取り出し、胴を輪切りに して塩でもんでから冷水で身を引き締めたもの)や甘露煮などに調理して食べます。海産、 湖産、養殖の、それぞれのアユを食べ比べてみてはいかがですか?


 詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。

   水生生物情報データベース → http://150.26.214.105/~aquadb/


【イベントのお知らせ】

◆第30回全国豊かな海づくり大会に出展します

 6月12日、13日の両日、岐阜県で開催される「第30回全国豊かな海づくり大会」に出展 します。

 ○日 時 : 6月12日、13日 10:00〜16:30
 ○場 所 : 関市本町商店街(岐阜県関市)
 ○テーマ : 完全養殖ウナギ、ズワイガニ、イセエビなどの赤ちゃんの展示、タッチプー
        ル、おさかなクイズなど

   詳しくはこちらから
   →  http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11438/umisite/


◆有明海・八代海におけるシャトネラ等赤潮対策シンポジウムの開催について

 西海区水産研究所は、水産庁九州漁業調整事務所との共催により、有明海・八代海にお けるシャトネラ等赤潮対策シンポジウムを開催します。

 参加費は無料ですが、6月10日(木)17時までに参加申込みをお願いします。

 ○日 時 : 6月14日(月) 13:30〜17:00
 ○場 所 : メルパルク熊本(熊本市水道町)

   詳しくはこちらから
   →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/220607/

◆サマー・サイエンスキャンプ2010参加者の募集について

 サイエンスキャンプとは、科学技術振興機構の主催による、高校生を対象とした2泊3日 の科学技術体験合宿プログラムです。中央水産研究所は、平成19年度から実施機関として 参加しており、今年度は横浜庁舎で実施します。

 ○日   時 : 8月23日(月)〜8月25日(水)
 ○場   所 : 中央水産研究所(横浜市金沢区)
 ○実習内容 : アサリ研究のフィールド体験
 ○応募締切 : 6月15日(火)必着

   詳しくはこちらから
   →  http://nrifs.fra.affrc.go.jp/event/ScienceCamp/2010/index.html
   募集要領、参加申込み等は、こちらから
   →  http://ppd.jsf.or.jp/camp/

◆いいおか港・水産まつり2010に出展します

 水産工学研究所は、6月13日(日)に開催される「いいおか港・水産まつり2010」に出展 します。

 近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 6月13日(日) 9:00〜14:30
 ○場 所 : 飯岡漁港海匝(かいそう)漁協市場内(千葉県旭市)

   詳しくはこちらから
   →  http://jfkaisou.web.fc2.com/iioka_asaichi/index.html


【ローカル便り】

◆「ワムシ講座」を連載しています

 海産魚介類の仔魚(子ども)のエサに用いられる動物プランクトン「ワムシ」に関する情 報提供のために、栽培漁業センターのホームページ上で「ワムシ講座」を連載しています。

 第5回目は「原生動物と細菌」です。月1回更新、全12回の予定で掲載していきます。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/15kouza/15kouza_w05.html

◆2010年6月の壁紙カレンダーを配布しています

 栽培漁業の対象種や、めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、無料 で配布しています。

 2010年6月の写真は、「オニオコゼ(仔魚)」です。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/05pr/index.html

◆厚岸でニシンの人工授精を実施しました

 北海道区水産研究所厚岸栽培技術開発センターは、より効率的なニシンの種苗生産・放 流技術の開発を目的とした試験研究に供する種苗をつくるため、厚岸漁業協同組合地方卸 売市場内において、ニシンの人工授精を実施しました。

   詳しくはこちらから
   →  http://hnf.fra.affrc.go.jp/topics/100421.htm

◆サクラマス幼魚やサケ稚魚の放流を実施しています

 さけますセンターは、サケマスの個体群維持のために、サクラマスやサケ、カラフトマ スのふ化放流を実施しています。

 尻別事業所では、北海道蘭越町が開催している放流式にあわせたサクラマスの放流体験 会を、また、徳志別事業所では宗谷管内さけ・ます増殖事業協会、枝幸漁協、枝幸さけ定 置部会と共催でサケの稚魚放流式を行いました。

   サクラマス幼魚放流体験会(尻別事業所)はこちらから
   →  http://salmon.fra.affrc.go.jp/event/2010_0430siribetu/2010_siribetu.htm
   サケ稚魚放流式(徳志別事業所)はこちらから
   →  http://salmon.fra.affrc.go.jp/event/2010_0521esasi/2010_esasi.htm


【契約に関する情報】

 水産総合研究センターの入札等に関する情報を、ホームページで公表しています。

  詳しくはこちらから → http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】

 本日6月9日は、日本がワールドカップで初勝利をおさめた日です。

 まだ記憶に新しい?!2002年に開催された日韓共同開催のワールドカップで、予選リーグ 第2戦のロシア戦で1-0で勝ち、ワールドカップ初勝利をあげました。第3戦も勝利しまし たが、同年決勝トーナメント、2006年ワールドカップドイツ大会と勝利がありません。

 今年のワールドカップ南アフリカ大会では、どんな結果になるのか楽しみです。ガンバ レ!ニッポン!!



【配信手続き】

 配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
 また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

  配信解除、配信先変更等
  →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html

  ご意見・ご感想等  →  www@fra.affrc.go.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
編集・刊行・配信:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室

  〒220−6115
  神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
              クイーンズタワーB15階
  TEL 045-227-2600(代) FAX 045-227-2700

Copyright 2006, Fisheries Research Agency
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−