━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おさかな通信 (水研センターメールマガジン)

第 73 号    平成22年10月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
 秋分の日を境に、秋らしいすごしやすい季節となりました。スポーツの秋、読書の秋、 食欲の秋など、秋は楽しみが多いですね。いずれも「しすぎ」には注意して、秋を楽し みましょう。


【目次】

 ◆プレスリリース報告
    ・ウナギ産卵場生態調査の結果について
    ・日本海におけるクロマグロ仔稚魚分布調査の結果について
    ・平成22年度第3回日本海海況予報について
    ・平成22年度第2回太平洋スルメイカ長期漁況予報について

 ◆シリーズ
    ・新シリーズ「食卓を彩るさかなたち」

 ◆イベントのお知らせ
    ・西海区水産研究所石垣支所の一般公開を開催
    ・中央水産研究所サイエンスステージを開催
    ・第8回ながさき水産科学フェアを開催
    ・北海道区水産研究所の一般公開を開催
    ・横浜市場祭りに出展
    ・中央水産研究所横浜庁舎の一般公開を開催
    ・瀬戸内海区水産研究所の研究成果発表会を開催
    ・遠洋水産研究所の一般公開を開催

 ◆刊行物のお知らせ
    ・「おさかな瓦版」を刊行
    ・「東北水産研究レター」を刊行

 ◆ローカル便り
    ・第9回ワムシ講座
    ・2010年10月の壁紙カレンダーを配布
    ・大型クラゲ情報について

 ◆編集後記
    ・担当者のひとりごと

 ◆配信手続き
    ・配信停止・配信先変更等



【プレスリリース報告】

◆ウナギ産卵場生態調査の結果について

 当センターと水産庁は、マリアナ諸島西方の太平洋において、ウナギ産卵場生態調査を 実施しました。調査海域周辺においてウナギの成魚及び仔魚を捕獲したほか、ウナギに発 信器をつけて遊泳行動パターンを観察しました。

 詳しくはこちらから
 →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/220930/

◆日本海におけるクロマグロ仔稚魚分布調査の結果について

 当センターと水産庁は、平成22年8月16日から日本海において、クロマグロの仔稚魚分 布調査を実施しました。その結果、日本海でのクロマグロ稚魚等の採集に成功しました。

 詳しくはこちらから
 →  http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/220914/

◆平成22年度第3回日本海海況予報について

 今後(10月〜12月)の見通しは、対馬暖流域の表面水温は"かなり高め"、50メートル深水 温は、西部及び北部とも"やや高め"で経過すると思われます。

 詳しくはこちらから
 →  http://abchan.fra.go.jp/gk22/20101005.html

◆平成22年度第2回太平洋スルメイカ長期漁況予報について

 今後(10月〜12月)の見通しは、来遊量は概ね"前年並み"か"下回る"、魚体は概ね"前年 並み"と思われます。

 詳しくはこちらから
 →  http://abchan.fra.go.jp/gk22/20100917.html


【シリーズ】
  
◆食卓を彩るさかなたち − 14  「マイワシ」


 私たち水産総合研究センターが調査・研究をしている主な魚介類を紹介していきます。 第14回は、"塩焼き"や"つみれ"などでおいしい「マイワシ」を紹介します。

 
 マイワシは、「ニシン目ニシン科」に分類され、カムチャッカ東部から東シナ海まで日 本沿岸域に広く分布する回遊魚です。

 春から夏に餌となる植物性プランクトンを探して沿岸に沿って北上し、秋から冬へと水 温が低くなるにつれ南下してきます。

 10月〜5月、特に2月〜3月を中心に産卵します。近年の産卵場は、土佐湾の周辺海域が 中心となっています。マイワシの寿命は約7年で、大きさは、ふ化直後で3.3ミリ、2ヶ月 で6センチ、1年で15センチ、2年で20センチ前後にまで成長します。中には30センチを超 えるまでに成長するものもいます。

 マイワシの漁獲量は、2009年が約6.1万トン、2008年が約3.5万トン、2007年が約7.9万 トンとなっています。1980年代には漁獲量が400万トンを超える年もありましたが、1990 年から急激に減少して、2002年以降は数万トンで推移しています。今年は、前年並みの漁 獲があると予想されています。

 マイワシには、生活習慣病の予防などに効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エ イコサペンタエン酸)が多く含まれています。また、カルシウムやビタミンDなども多く含 まれているため、健康維持に役立つ魚といえます。

 マイワシは、塩焼き、刺身、つみれなどにしておいしく食べられます。丸干しや缶詰な どといった加工品としても広く流通しています。また、68号でお伝えしたマアジと同じく、 「なめろう」にして食べてもおいしいです。イワシ類は、包丁でもさばくことができます が、身が柔らかいので手でさばくこともできます。調理方法にあわせて、さばき方を使い 分けたいものですね。


 詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。

  水生生物情報データベース
    →  http://150.26.214.105/~aquadb/
  わが国周辺の水産資源の現状を知るために
    →  http://abchan.fra.go.jp/
  おさかな豆知識
    →  http://nrifs.fra.affrc.go.jp/kakou/mame/


【イベントのお知らせ】

◆西海区水産研究所石垣支所の一般公開を開催します

 10月16日に、西海区水産研究所一般公開の一般公開を開催します。入場は無料ですので、 お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 10月16日(土) 10:00〜16:00
 ○場 所 : 西海区水産研究所石垣支所(沖縄県石垣市)
 ○内 容 : 研究紹介、魚類解剖実演、タッチプール、カニ釣りゲーム など

   詳しくはこちらから
   →  http://snf.fra.affrc.go.jp/event/22koukai_i/koukai_i_10_a.html

◆中央水産研究所サイエンスステージを開催します

 10月16日に、中央水産研究所は横浜・八景島シーパラダイスの協力のもと、中央水産研 究所サイエンスステージ「知ってそうで知らない魚の話」を開催します。楽しいクイズと トークで小さなお子様にも楽しんで学んでいただける内容となっております。お近くの方 はぜひ、ご家族連れでお越しください。

 ○日 時 : 10月16日(土) (1回目)10:40〜 (2回目)14:55〜
 ○場 所 : 横浜・八景島シーパラダイスふれあいラグーン(横浜市金沢区)
 ○テーマ : 「知ってそうで知らない魚の話」
 ○入場料 : ふれあいラグーンに入場可能なチケットが必要です。

   詳しくはこちらから
   →  http://nrifs.fra.affrc.go.jp/event/koukai/h22yokohama/ScienceStage.html

◆第8回ながさき水産科学フェアを開催します

 10月17日に、西海区水産研究所と長崎大学環東シナ海海洋環境資源研究センター、長崎 県総合水産試験場の3つの機関が連携して、ながさき水産科学フェアを開催します。入場 は無料ですので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 10月17日(日) 9:30〜15:00
 ○場 所 : 西海区水産研究所、長崎大学環東シナ海海洋環境資源研究センター、
        長崎県総合水産試験場(長崎県長崎市)
 ○内 容 : 研究紹介、タッチプール、DNA抽出実験、魚の解剖、サイエンスカフェ、
        ちくわ作り体験、お魚○×クイズ など

   詳しくはこちらから
   →  http://snf.fra.affrc.go.jp/event/fair8/fair_index8.html

◆北海道区水産研究所の一般公開を開催します

 10月17日に、北海道区水産研究所の一般公開を開催します。入場は無料ですので、お近 くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 10月17日(日) 9:30〜15:30
 ○場 所 : 北海道区水産研究所(北海道釧路市)
 ○内 容 : 研究紹介、飼育魚や種苗の展示、プランクトン観察、イカ墨画、
        タッチプール、チリメンモンスターをさがせ など

   詳しくはこちらから
   →  http://hnf.fra.affrc.go.jp/H-jouhou/koukai/2010/2010.htm

◆横浜市場祭りに出展します

 10月17日に開催される、横浜市場祭りに出展します。入場は無料ですので、お近くにお 越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 10月17日(日) 9:00〜14:00
 ○場 所 : 横浜市中央卸売市場(横浜市神奈川区)
 ○内 容 : 研究紹介、船上凍結サバの試食、完全養殖ウナギ仔魚の展示 など

   詳しくはこちらから
   →  http://www.yokohama-ichiba.com/matsuri/matsuri.html

◆中央水産研究所横浜庁舎の一般公開を開催します

 10月23日に、中央水産研究所横浜庁舎の一般公開を開催します。入場は無料ですので、 お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 10月23日(土) 10:00〜16:00
 ○場 所 : 中央水産研究所横浜庁舎(横浜市金沢区)
 ○内 容 : 研究紹介、ちくわ作り体験、プラ板キーホルダー作り、
        イカ墨習字、調査船「蒼鷹丸」見学 など

   詳しくはこちらから
   →  http://nrifs.fra.affrc.go.jp/event/koukai/h22yokohama/OpenLab.html

◆瀬戸内海区水産研究所の研究成果発表会を開催します

 10月30日に、瀬戸内海区水産研究所の平成22年度研究成果発表会を開催します。入場は 無料ですが、定員に限りがありますので、事前にお申込みのうえ、ご参加下さい。

 ○日 時 : 10月30日(土) 13:00〜16:00
 ○場 所 : 西区民文化センター(広島市西区)

   詳しくはこちらから
   →  http://feis.fra.affrc.go.jp/event/h22seika_happyoukai/h22index.html

◆遠洋水産研究所の一般公開を開催します

 11月6日に、遠洋水産研究所の一般公開を開催します。入場は無料ですので、お近くに お越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 ○日 時 : 11月6日(土) 10:00〜16:00
 ○場 所 : 遠洋水産研究所(静岡市清水区)
 ○内 容 : 研究紹介、冷凍標本展示、ロープワーク教室、サイエンスカフェ
        イカ墨習字 など

   詳しくはこちらから
   →  http://fsf.fra.affrc.go.jp/open/22ippankoukai.htm


【刊行物のお知らせ】

◆「おさかな瓦版」36号を刊行しました

 このたび、当センターのニュースレター「おさかな瓦版」36号を刊行しました。シリー ズ「三陸のさかなたち」として、「サンマ」をとりあげています。

   詳しくはこちらから
   →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/letter/no36.pdf

   その他の刊行物はこちらから
   →  http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull-index.html

◆「東北水産研究レター」17号を刊行しました

 東北区水産研究所は、研究活動やその成果、あるいはトピックスをわかりやすくお知ら せすることを目的として、東北水産研究レターを発行しています。

 今号には、「イトヒキダラを食べたことがありますか?」と「魚の子供を保育所に運ぶ ジェット流【生物的ホットスポットとジェット流】」を掲載しています。

   詳しくはこちらから
   →  http://tnfri.fra.affrc.go.jp/pub/letter/17/17.pdf


【ローカル便り】

◆「ワムシ講座」を連載しています

 海産魚介類の仔魚(赤ちゃん)のエサに用いられる動物プランクトン「ワムシ」に関する 情報提供のために、栽培漁業センターのホームページ上で「ワムシ講座」を連載していま す。

 第9回目は「ワムシの栄養強化」です。月1回更新、全12回の予定で掲載していきます。

   詳しくはこちらから
   →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/15kouza/15kouza_w09.html

◆2010年10月の壁紙カレンダーを配布しています

 栽培漁業の対象種や、めったに見られない魚の赤ちゃんなどの壁紙カレンダーを、無料 で配布しています。

 2010年10月の写真は、「ニシン(卵)」です。

   詳しくはこちらから →  http://ncse.fra.affrc.go.jp/05pr/index.html

◆大型クラゲ情報について

 大型クラゲの出現動向について、迅速に情報提供を行っていきます。

   詳しくはこちらから →  http://www.fra.affrc.go.jp/kurage/


【契約に関する情報】

 水産総合研究センターの入札等に関する情報を、ホームページで公表しています。

   詳しくはこちらから → http://www.fra.affrc.go.jp/keiyaku/


【編集後記】

 本日10月13日は、サツマイモの日です。

 川越いも友の会が、サツマイモの旬が10月であること、江戸から十三里(約52キロ)離れ た川越のサツマイモがおいしかったことから、制定しました。「栗(九里)より(四里)うま い十三里」の「十三里」はサツマイモの異名だそうです。

 サツマイモは、食物繊維やビタミンCが多く含まれています。どうしてもおならが出る 回数が増えてしまいますが、デンプンが分解して無臭の炭酸ガスが発生するので、あまり 臭くないようですよ。 (担当:O)



【配信手続き】

 配信停止、配信先変更等は下記URLにて手続き願います。
 また、ご意見・ご感想等も、どしどしお寄せください。

  配信解除、配信先変更等
  →  http://www.fra.affrc.go.jp/mail/index.html

  ご意見・ご感想等  →  www@fra.affrc.go.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
編集・刊行・配信:
独立行政法人 水産総合研究センター
経営企画部 広報室

  〒220−6115
  神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
              クイーンズタワーB15階
  TEL 045-227-2600(代) FAX 045-227-2700

Copyright 2006, Fisheries Research Agency
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−