プレスリリース

平成16年11月10日
放流したヒラメを食べた主犯格はイシガニ ―胃内容物のDNA分析から判明―
(資料、用語説明)

【資料】

[背景・ねらい]
 ヒラメは栽培漁業の主要対象魚種の一つで、平成6年度以降全国で毎年2,000万尾を上回る種苗が放流されており、海産種苗の中ではマダイを抜いて第一位の放流数を誇る(水産総合研究センター栽培漁業部調べ)。しかし、必ずしも期待通りの放流効果があがっているケースばかりではない。ヒラメの種苗放流では、特に、放流直後の急激な減耗が深刻な問題となっているが、その減耗要因は特定できておらず、主要因とされる被食(他の生物に捕食されること)についても実態はほとんど不明である。そこで、水産総合研究センター日本海区水産研究所では、新潟県水産海洋研究所佐渡水産技術センターおよび真野漁業協同組合の協力を得て、佐渡島真野湾をモデル海域として実際にヒラメ種苗を放流し、減耗要因の定量的な評価を試みた。


[成果の内容・特徴]
 2001年および2002年の8月に佐渡島真野湾の湾奥部(水深3m)に放流した約5万尾のヒラメ種苗(全長6cm)は、放流直後から個体数が一日当たり15~20%の割合で急激に減少し、放流後1週間で個体数の7~8割が減少した。この期間の魚食性魚類の胃内容物を顕微鏡観察により調べた結果、オニオコゼ、ヒラメ、マゴチ、イネゴチから放流種苗が見いだされたが、これらの捕食だけでは放流直後の急激な個体数減少を説明できない。そこで、餌を噛み砕いて食べる習性を持つため胃内容物の顕微鏡観察による確認が困難なイシガニについて、その胃内容物のDNA分析を行ったところ、ヒラメのDNAが高率で検出され、イシガニが放流種苗の強力な捕食者であることが明らかとなった。実際、水槽実験においても、イシガニが砂に潜った状態のヒラメ種苗を昼夜を問わず容易に捕食することが確認された(24例中20例で捕食、捕食までの時間は大半が1分以内)。これらの結果を基に、それぞれの捕食者一匹が一日に食べるヒラメの量に、各捕食者の分布密度を乗じてヒラメ種苗の被食尾数を試算した結果、放流後1週間のヒラメ種苗の個体数減少の5~6割がイシガニの捕食によるものであり、ヒラメを減少させた主犯はイシガニであることが判明した。一方、オニオコゼをはじめとする魚食性魚類の捕食も2割程度あり、結局、放流後1週間のヒラメ種苗の個体数減少の7~8割が被食減耗(捕食されて死ぬこと)により説明可能であった。


[今後の課題・展望]
 今回の結果は、放流ヒラメの個体数減少の大部分が実際に被食減耗によることを示した初めての例であり、また、これまで盲点であったカニ類の捕食者としての重要性を指摘した点で、不明のまま残されているヒラメ放流種苗の減耗要因解明への端緒となるものと考えられる。この発見は、被食減耗軽減のための放流・管理手法の開発に寄与するものであり、放流効果の増大につながるものと期待される。今後は、捕食者の生態的特徴を考慮したヒラメ放流種苗の被食減耗軽減のための手法を提案し、実際の放流現場でその検証を試みる必要がある。ただし、捕食者の種類や捕食量は場所により異なることが予想されるため、日本各地の放流場所において、ヒラメ種苗の捕食者探索とその定量化のための努力が今後とも必要である。


[備  考]
 本内容は11月25~26日に新潟市で開催される平成16年度日本海ブロックヒラメ分科会で発表される。


【用語説明】
・イシガニ:
  ガザミ科に属する甲幅が10cmに達するカニで、浅海域の砂泥・砂礫・岩礁底に多く、汽水域にも生息する。日本海・太平洋両沿岸に普通に見られ、食用とする地域もある。韓国、中国、マレーシアにも分布し、最近、ニュージーランドへの侵入が確認され問題となっている。

・魚食性魚類:
  魚を主食とする魚類。一般に、口が大きいという形態的特徴を持つ。ヒラメ自身も、全長が10cmを超える頃になるとアミ類食から魚類食に食性を変える。