20180730|プレスリリース|水産研究・教育機構

プレスリリース

平成30年 7月30日
国立研究開発法人水産研究・教育機構


平成30年度第1回太平洋いわし類・マアジ・さば類長期漁海況予報

 漁海況予報は、水産庁の「我が国周辺水産資源調査・評価等推進委託事業」により、資源の合理的利用、漁業経営の安定及び操業の効率化を図り、資源の持続的利用に役立てることを目的として行っているものです。
 太平洋いわし類・マアジ・さば類長期漁海況予報は、関係試験研究機関による資源調査結果等を踏まえて、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所が取りまとめたものです。
 今回の予報は、平成30年8月から12月までの太平洋沿岸域における海況及びいわし類・マアジ・さば類の漁況について見通しを示すものです。

予報文

本件照会先:
国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所
担当:業務推進部 錢谷、市橋
   漁況:資源管理研究センター 西田、上原、渡邊、古市、上村、入路、由上、井須
   海況:海洋・生態系研究センター 市川、日下
TEL: 045-788-7615  FAX: 045-788-5001