採用情報

平成31年4月採用予定
  1.   ・ 研究開発採用試験について NEW!!
  2.   ・ 一般職員採用試験について NEW!!
  3.   ・ 船舶職員採用試験について
  4.     ・士官(航海士・機関士・通信士) NEW!!
  5.     ・部員(甲板・機関・司厨)
         ※H31.4採用 部員(甲板・機関・司厨)については、7月頃公募開始予定です。

平成31年4月採用については、マイナビ2019に掲載中です。


平成30年7月採用予定
  1.   ・ 任期付職員(事務職員)

平成30年7月採用予定
  1.   ・ 研究開発職員(選考)採用試験について
  2.   ・ 一般職員(経験者)採用試験について

平成30年7月・10月採用予定
      ・ 船舶職員採用試験について
  1.     ・部員(甲板・機関・司厨)

研究開発職員採用試験 (総合職試験、水産区分) について  (平成30年3月16日 更新)

 水産研究・教育機構では、平成31年4月に研究開発職員の採用を予定しており、平成30年度職員採用総合職試験(水産区分)を実施します。
 試験に関する応募条件、 選考方法等は以下のとおりです。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。
   ※職種紹介及び求める人材について

【応募条件等】
 (1) 昭和63年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する者
   ① 大学を卒業した者及び平成31年3月までに大学を卒業する見込みの者
   ② 修士課程又は博士課程を修了した者及び平成31年3月までに修士課程又は博士課程を修了す
     る見込みの者
   ③ 上記①及び②に掲げる者と同等の資格があると認める者
 (2) 下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたは執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分またはこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
 (3) 日本国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取
   得すること。

【勤務地】
  採用時の勤務地については、当機構各研究所(各研究所の付属施設を含む)のいずれかとなり、内定
 手続きの際にお知らせします。
  また採用後においては、本部または他の研究所等へ異動があるほか、人事交流により国の機関等で勤
 務する場合があります。

【採用予定数】
 10名程度(平成31年4月1日採用分)

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 履歴書 (別紙様式 (pdfファイル)、 A4片面)
   (賞罰の有無を必ず記載して下さい)
  ② 最終学歴の卒業(又は見込み)証明書
   (応募条件 (1) ① の該当者で、学校側の都合により、 応募締切までに卒業見込み証明書が発行でき
   ない場合は、在学証明書の提出に代えることができます。)
  ③ 最終学歴の成績証明書
  ④ 受験票・受験受付票 (別紙様式 (pdfファイル))
  ⑤ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
  ⑥ 書類選考結果通知文書送付用封筒
    (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載すること
    。)

【応募締切】
 平成30年5月7日 (月)  必着

【申込先 ・ 応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に 「履歴書 (研究開発) 在中」 と朱書きしてください。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 ① 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 ② 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の
   目的以外には使用しません。
 ③ 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の
   応募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。


事務系職員採用試験(一般職試験、事務区分)について  (平成30年3月16日 更新)

 水産研究・教育機構では、平成31年4月に事務系職員の採用を予定しており、平成30年度職員採用一般職試験(事務区分)を実施します。
 試験に関する応募条件、選考方法等は以下のとおりです。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。
   ※職種紹介及び求める人材について

【応募条件等】
 (1) 昭和63年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する者
   ① 大学を卒業した者及び平成31年3月までに大学を卒業する見込みの者
   ② 短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び平成31年3月までに短期大学又は高等専門学
    校を卒業する見込みの者
   ③ 上記①および②に掲げる者と同等の資格があると認められる者
 (2) 下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたは執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分またはこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
 (3) 日本国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取
   得すること。

【勤務地】
  採用時の勤務地については、当機構各研究所(各研究所の付属施設を含む)及び水産大学校のいずれ
 かとなり、内定手続きの際にお知らせします。
  また採用後においては、本部または他の研究所及び水産大学校へ異動があるほか、人事交流により国
 の機関等で勤務する場合があります。

【採用予定数】
 5名程度(平成31年4月1日採用)
 ※平成30年度内に就労可能な方については、平成30年度中に採用の可能性あり

【応募書類】
 以下の書類を各1部提出して下さい。
  ① 履歴書 (別紙様式 (pdfファイル)、 A4片面)
   (賞罰の有無を必ず記載して下さい)
  ② 最終学歴の卒業(又は見込み)証明書
   (応募条件(1)①又は②の該当者で、学校側の都合により、応募締切までに卒業見込み証明書が発行
    できない場合は、在学証明書の提出に代えることができます。)
  ③ 最終学歴の成績証明書
  ④ 受験票・受験受付票 (別紙様式 (pdfファイル))
  ⑤ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
  ⑥ 書類選考結果通知文書送付用封筒
    (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載する
    こと。)

【応募締切】
 平成30年5月14日(月)必着

【申込先 ・ 応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に 「履歴書 (事務) 在中」 と朱書きしてください。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は、選考の
   目的以外には使用しません。
 (3) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の
   応募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



船舶職員(航海士、機関士、通信士)の採用試験について(平成30年4月6日 更新)

 水産研究・教育機構では、船舶職員の採用を予定しております。採用予定数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。

【配属予定場所】
 当機構所属漁業調査船及び練習船 (詳細は漁業調査船・練習船紹介ページをご参照下さい。)
  または
 総務部船舶管理課 (船舶予備員)

【採用予定人数】
 航海士  若干名
 機関士  若干名
 通信士  若干名

【採用予定日】
 平成31年4月1日

【応募条件等】
(1)航海士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、三級海技士(航海)以上の免許資格を有する方、又は採用
   予定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は、両眼ともに0.5以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(2)機関士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、三級海技士(機関)以上の免許資格を有する方、又は採用
   予定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(3)通信士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、第二級総合通信士以上の免許資格を有する方、又は採用予
   定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼ともに0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)

 ※下記①~③のいずれかの条件に該当する方は、応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方

 ※日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取得す
  ること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 応募職種記入票(別紙1
  ② 履歴書(市販様式(A4版)又は学校指定様式のものに、写真を貼付すること)
  ③ 課題論文(課題:「水産研究・教育機構船舶職員として働くこと」について、400字詰め原稿用紙
    2枚(800字程度)
  ④ 健康診断書(別紙2)※1
  ⑤ 最終学歴卒業証明書又は卒業見込証明書
  ⑥ 最終学歴成績証明書
  ⑦ 学校長等推薦書(提出は任意。提出する場合の様式も任意)
  ⑧ 応募条件とする免許資格を確認できる書面の写し  ※2
  ⑨ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
    ※1 船員手帳をお持ちの方で、健康証明が採用予定時期に有効である方は、船員手帳の該当ペ
       ージの写しに替えることができます。
    ※2 取得見込みの方は、履歴書にその旨を記載して下さい。

【応募締切】
 平成30年7月6日(金)必着

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「船舶職員(○○)応募書類 在中」と朱書きして下さい。
       ※○○には応募する職種(航海士・機関士・通信士のいずれか)を記載して下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の目
   的以外には使用しません。
 (3) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の応
   募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



研究開発職員の募集について (平成30年3月16日 更新)

 水産研究・教育機構では、研究開発職員の採用を予定しております。募集する分野、採用人数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル) 」 をご覧下さい。

【分野、 採用人数、 業務内容、 採用予定場所】
分野 採用
人数
主な業務内容 期待される専門分野 採用場所
知財 1名 ○研究推進部連携・協力課において、他の関連部門と連携しつつ、下記の業務を行う。
1.機構が実施する研究開発プロジェクトにおける知財関連事項について、新規プロジェクトにおける計画段階の助言、進行中のプロジェクトにおける成果の知財化に向けた助言、終了後のプロジェクトにおける成果の知財化の支援
2.機構が保有する知財の精査と活用方策の検討・提言
3.機構の各研究所における知財関連事項に関する巡回指導
○知財 機構本部

【採用予定日】
 平成30年7月1日
(採用日については応相談)

【応募条件等】
  (1)弁理士の資格を有し、特許事務所あるいは弁理士事務所等において、特許申請等の業務に携わっ
     た経験を有する者
  (2)民間企業等において研究開発(水産関連が望ましい)に従事し、成果の知財化(特許申請等)に
     携わった経験がある者(修士以上の学位を有することが望ましい。)
  (3)下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません
     ① 成年被後見人または被保佐人
     ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
     ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
  (4)日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取
     得すること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 履歴書
    (市販のA4版様式に、6ヶ月以内に撮影した写真を貼付すること。連絡のための電話番号・
     E-mailアドレス及び賞罰の有無を必ず記載すること。)
  ② 最終学歴の卒業 (または見込み) 証明書
  ③ 最終学歴の成績証明書
  ④ 弁理士登録証の写し
  ⑤ これまで行ってきた業務内容及び今後の業務に対する抱負(1,200字程度、様式自由、A4)
  ⑥ 日本国籍を有しない方は在留資格を確認出来る書面の写し
  ⑦ 書類選考結果通知文書送付用封筒
    (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載する
     こと。)

【応募締切】  平成30年4月20日(金)  必着

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「研究開発職員(知財)応募書類 在中」と朱書きして下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 ① 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 ② 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の目
  的以外には使用しません。
 ③ 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の
  応募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。




事務系職員(経験者)採用試験について  (平成30年3月16日 更新)

 水産研究・教育機構では、平成30年7月に事務系職員(経験者)の採用を予定しております。
 試験に関する応募条件、選考方法等は以下のとおりです。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。

【応募条件等】
 下記のすべての条件に当てはまる方
 (1)昭和47年4月2日以降に生まれた方で、平成30年4月1日時点で大学(短期大学・専門学校
    を含む)卒業又は大学院修了から9年以上経過し、民間企業等での職務経験が直近9年中(平成
    21年4月1日から平成30年3月31日まで)に通算で、大学・大学院卒業の方は5年以上、
    短期大学・専門学校卒業の方は7年以上ある方
   (※注1)民間企業等での職務経験には、民間企業、官公庁、国際機関等で、正社員・正職員として
        の勤務を1年以上継続して就業していた期間が該当します(契約職員、パート等は含めな
        い)。
   (※注2)職務経験が複数ある場合は通算することが出来ます。ただし、同一期間内に複数の職務に
        従事していた場合は、いずれか一方のみの職歴に限ります。
   (※注3)休職・休業期間(病気・介護等による休職・休業(産前・産後休暇、育児休業は除く))
        は、受験資格である職務経験期間に含めることができません。
   (※注4)短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(平成5年法律第76号)第12条に基づ
        き、水産研究・教育機構に従事する短時間労働者の応募も可能とします。
   (※注5)期間の定めのない労働契約で長期勤続におけるキャリア形成を目的として募集するため、
        年齢制限を設けています。
 (2)職務経験を通じて体得した効率的かつ機動的な業務遂行の手法、その他の知識及び能力を有する方
 (3)採用後の研修又は職務経験を通じて、その知識及び能力の向上が見込まれる資質を有する方

 ※下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
 ※日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取得す
  ること

【勤務地】
 採用時の勤務地については、当機構本部、各研究所(各研究所の付属施設を含む)及び水産大学校のいずれかとなり、内定手続きの際にお知らせします。
 また、採用後においては、本部または他の研究所及び水産大学校へ異動があるほか、人事交流により国の機関等で勤務する場合があります。

【採用予定数】
 若干名

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 履歴書(別紙様式(PDFファイル)、A4片面)(記入例
  ② 最終学歴の卒業証明書
  ③ 最終学歴の成績証明書
   (学校側の都合により発行不可の場合はその旨を記した書面を提出することでも可)
  ④ 職務経歴書(別紙様式(PDFファイルExcelファイル)、A4片面)(記入例
  ⑤ 課題論文「あなたがこれまでの職務を通して得た経験や知見をどのように活かして、当機構に貢献
    できると考えるか」
   (1,200字程度、別紙様式(PDFファイルWordファイル)、A4片面、PC・手書きいずれの方法で
    も可)
  ⑥ 受験票・受験受付票(別紙様式
  ⑦ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
  ⑧ 書類選考結果通知文書送付用封筒
   (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載するこ
    と。)

【応募締切】
 平成30年4月20日(金)  必着

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「履歴書(事務(経験者))在中」と朱書きして下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 最終合格者の方には、職務経験期間の確認のため、在職証明書を提出していただきます。なお、職
   務経験期間が確認できない場合は、合格を取り消す場合があります。
 (3) 採用時の役職は係員(2級)となります。ただし民間企業等での職歴や年齢などを勘案し、より上の
   職位である係長(3級)で採用する場合があります。
 (4) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は、選考の目
   的以外には使用しません。
 (5) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の応募
   を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。




船舶職員(甲板部員、機関部員、司厨部員)の採用試験について(平成30年3月5日 更新)

 水産研究・教育機構では、船舶職員の採用を予定しております。採用予定数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。

【配属予定場所】
 当機構所属漁業調査船及び練習船 (詳細は漁業調査船・練習船紹介ページをご参照下さい。)
  または
 総務部船舶管理課 (船舶予備員)

【採用予定人数】
 甲板部員  若干名
 機関部員  若干名
 司厨部員  若干名

【採用予定日】
 平成30年4月1日、7月1日、10月1日
 (※採用日予定日については応相談)

【応募条件等】
(1)甲板部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は海技大学
   校海上技術科を卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの方
  イ.高等学校以上の学歴(ア.に該当する方を除く)を有し、甲板部員として3年以上の乗船履歴を
   有する方
   (海技従事者免状、小型船舶操縦免許を取得している方、未取得者は採用後取得する意欲のある方
    が望ましい。)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は、両眼共に0.5以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(2)機関部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は、海技大
   学校海上技術科を卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの方
  イ.高等学校以上の学歴(ア.に該当する方を除く)を有し、船用機関の製造又は整備に関する実務
   経験を2年以上有する方
   (海技従事者免状、小型船舶操縦免許を取得している方、未取得者は採用後取得する意欲のある方
   が望ましい。)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(3)司厨部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は海技大学
   校海上技術科にて、調理に関する科目を履修し卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの
   方
  イ.船舶の司厨員として1年以上の経験を有する方
    (船舶調理師免許取得者、又は採用後取得する意欲のある方が望ましい)
  ウ.調理師の資格を有する方、又は採用予定日までに取得見込みの方
    (船舶調理師免許を取得している方が望ましい)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)

 ※下記①~③のいずれかの条件に該当する方は、応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方

 ※日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取得す
  ること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 応募職種記入票(別紙1
  ② 履歴書(市販様式(A4版)又は学校指定様式のものに、写真を貼付すること)
  ③ 課題論文(課題:「水産研究・教育機構船舶職員として働くこと」について、400字詰め原稿用紙
    2枚(800字程度)
  ④ 健康診断書(別紙2)※1
  ⑤ 最終学歴卒業証明書又は卒業見込証明書
  ⑥ 最終学歴成績証明書
  ⑦ 学校長等推薦書(提出は任意。提出する場合の様式も任意)
  ⑧ 応募条件とする免許資格を確認できる書面の写し  ※2
  ⑨ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
    ※1 船員手帳をお持ちの方で、健康証明が採用予定時期に有効である方は、船員手帳の該当ペ
       ージの写しに替えることができます。
    ※2 甲板部員・機関部員・司厨部員の応募条件①イに該当する方で、海技免状、小型船舶操縦
       免許をお持ちの方は、免状、免許の写しを提出して下さい。取得見込みの方は、履歴書に
       その旨を記載して下さい。また、乗船履歴・職務経験がある方は、採用内定後に、乗船履
       歴・職務経歴が確認出来る書類の提出をお願いします。(詳細は該当の方に別途お知らせ
       します。なお、証明できない場合は、採用を取り消す場合があります。)
       応募条件①ウに該当する方は調理師免許の写しを提出して下さい。取得見込みの方は、履
       歴書にその旨を記載して下さい。

【応募締切】
 定員に達するまで随時

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「船舶職員(○○)応募書類 在中」と朱書きして下さい。
       ※○○には応募する職種(甲板・機関・司厨のいずれか)を記載して下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の目
   的以外には使用しません。
 (3) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の応
   募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



任期付職員(事務職員)(平成30年4月26日 更新)

  1. 任期付職員(事務職員) 応募期限:平成30年5月8日








※青少年の雇用の促進等に関する法律に基づく「青少年雇用情報シート」はこちら



※ 水産研究・教育機構は国立研究開発法人であり、 職員 (契約職員を除きます) の給与、 諸手当、 休日休暇等については、 国家公務員に準じております。