採用情報

平成30年10月採用予定
  1. ・ 研究開発職員(選考)採用試験について NEW
  2. ・ 技術職員(選考)採用試験について NEW
  3. ・ 教育職員採用試験についてNEW

平成31年4月採用予定
  1. ・ 船舶職員採用試験について
    1. ・士官(航海士・機関士・通信士) NEW!!
    2. ・部員(甲板・機関・司厨)
    3. ※H31.4採用 部員(甲板・機関・司厨)については、7月頃公募開始予定です。
    4. ・ 研究開発採用試験について (※募集を締め切りました) 
    5. ・ 一般職員採用試験について (※募集を締め切りました) 

平成31年4月採用については、マイナビ2019に掲載中です。


平成30年7月・10月採用予定
      ・ 船舶職員採用試験について
  1.     ・部員(甲板・機関・司厨)

研究開発職員の募集について  (平成30年6月1日 更新)

 水産研究・教育機構では、研究開発職員の採用を予定しております。募集する分野、採用人数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル) 」 をご覧下さい。

【分野、 採用人数、 業務内容、 採用予定場所】
分野 採用
人数
主な業務内容 期待される専門分野 採用場所
海 洋
(北海道)
1名 ○主に、我が国周辺高解像度海況予測システム(次世代型FRA-ROMS)の開発を行う。当面は、Regional Ocean Modeling Systemに基づく我が国周辺1/50°高解像度海洋モデルの構築と観測データとの同化業務を担当する。 ○海洋物理/気象・海洋予測システム/海洋海氷結合モデリング 北海道区水産研究所(釧路庁舎)
海 洋
(中央)
1名 ○人工衛星によるリモートセンシング、特に可視・赤外データ、熱赤外データ、能動型マイクロ波センサデータ等による海洋環境の把握、漁船操業把握に関する技術基盤整備ならびに漁船操業モニタリング技術の開発を行う。また資源評価・資源管理に関する人工衛星データの解析ならびにデータ提供体制の構築を担当する。 ○衛星リモートセンシング/画像工学/空間情報処理/地理情報システム/情報工学/衛星海洋学 中央水産研究所(横浜庁舎)
資 源
1名 ○調査船調査、飼育実験等を実施し、得られたデータの解析によりニホンウナギの初期生態の解明と生活史の把握に取り組む。併せて資源評価・管理手法の確立に向けた研究開発を行う。当面は、調査船による外洋域での調査、得られた試料等の解析に関する業務、及び再生産に寄与する親魚放流を目指した親魚育成に係る研究開発業務を担当する。 ○魚類行動生態学/水産資源学/水産海洋学 中央水産研究所(横須賀庁舎)
養 殖
1名 ◯主にニホンウナギの仔魚飼育技術の高度化に係る基盤的研究を行う。当面は、幼生(仔魚)期間の短縮化に関する育種学的研究、並びに変態期に発生する形態異常の低減化に関する研究を担当する。 ◯水産育種学/水産生理学 増養殖研究所(南勢庁舎)

【採用予定日】
 平成30年10月1日

【応募条件等】
  (1) 募集分野に関連する「博士」の学位を有する方(採用予定日までに取得見込みを含む)
  (2)下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません
    ① 成年被後見人又は被保佐人
    ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
    ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
  (3)日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取
    得すること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 履歴書
   (市販様式(A4版)に6ヶ月以内に撮影した写真を貼付すること。連絡のための電話番号・
    E-mailアドレス及び賞罰の有無を必ず記載すること。)
  ② 最終学歴の卒業 (又は見込み) 証明書
  ③ 最終学歴の成績証明書
  ④ 学位授与 (又は見込み) 証明書
  ⑤ 研究業績リスト
    (別紙様式(pdfファイルExcelファイル)に従って作成すること。記載例(pdfファイル
  ⑥ これまで行ってきた研究・業務の概要(2,000字程度、A4用紙)
    (記載例 (pdfファイル)を参照の上、作成すること。)
  ⑦ 受験票・受験受付票 (別紙様式 (pdfファイル))
  ⑧ 大学教授等の推薦書
   (提出は任意。提出する場合の様式も任意。ただし推薦者は応募者本人の資質・経験等について十
    分に熟知している者であること。)
  ⑨ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
  ⑩ 書類選考結果通知文書送付用封筒
    (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。 応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載する
    こと。)

【応募締切】
 平成30年7月4日 (水)  必着

【申込先 ・ 応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部人事課人事第1係 あて
  ※ 封筒に 「研究開発職員(○○○○)応募書類在中」 と朱書きしてください。
           ※”○○○○”には応募する分野を記載

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 ① 応募 ・ 受験に関する一切の費用は、 応募者の負担となります。
 ② 応募書類は返却しませんのでご了承願います。 なお、 応募書類に記載された個人情報は選考の目
  的以外には使用しません。
 ③ 当機構は、 男女共同参画に向けて、 出産 ・ 子育てに関する環境整備に取り組んでおり、 女性の
  応募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



技術職員の募集について  (平成30年6月1日 更新)

 水産研究・教育機構では、技術職員の採用を予定しております。募集する分野、採用人数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル) 」 をご覧下さい。

【分野、 採用人数、 業務内容、 採用予定場所】
分野 採用
人数
主な業務内容 期待される専門分野 採用場所
内水面
1名 ○ます類等の系統維持ならびに放流魚生産のための継代飼育技術(採卵・媒精・検卵・防疫等)を継承する。実験施設および観覧施設を保守・管理する。内水面漁業の管理・運営および環境保全と遊漁振興に関する事業等に参画し、技術普及を図る。 ○水産増養殖学 中央水産研究所(日光庁舎)
増養殖
(瀬戸内)
1名 ○海産無脊椎動物の増養殖に関する技術開発を行う。当面は、マダコ養殖の研究開発に関する幼生飼育技術の効率化、高度化を担当する。 ○水産増養殖学/水族繁殖学 瀬戸内海区水産研究所(百島庁舎)
増養殖
(西海)
1名 ○主に熱帯性ハタ科魚類の陸上養殖産業化に向けた種苗生産や育成の技術開発と実務を行う。当面は、餌料種開発、適正な給餌方法や収容密度等の養殖管理方法の高度化に関する業務を担当する。 ○水産増養殖学/魚類生態学 西海区水産研究所(八重山庁舎)

【採用予定日】
 平成30年10月1日

【応募条件等】
  (1) 期待される専門分野に関連した学部・学科を卒業、又は平成30年9月30日までに卒業見込の
    方
    (魚類等の飼育管理の実務経験がある方が望ましい。)
  (2)下記のいずれかの条件に該当する方は応募できません
    ① 成年被後見人又は被保佐人
    ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
    ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方
  (3)日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取
    得すること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 履歴書
   (市販様式(A4版)に6ヶ月以内に撮影した写真を貼付すること。連絡のための電話番号・
    E-mailアドレス及び賞罰の有無を必ず記載すること。)
  ② 最終学歴の卒業 (または見込み) 証明書
  ③ 最終学歴の成績証明書
  ④ これまで行ってきた研究・業務の概要(1,000字程度、A4用紙)
   (記載例 (pdfファイル)を参照の上、作成すること。
    掲載。)
  ⑤ 課題論文「あなたがこれまでに得た経験や知見をどのように活かして、水産研究・教育機構
    の技術職として業務に貢献できると考えるか」
   (1,200字程度、A4用紙、様式自由)
  ⑥ 受験票・受験受付票 (別紙様式 (pdfファイル))
  ⑦ 大学教授等の推薦書
   (提出は任意。提出する場合の様式も任意。ただし推薦者は応募者本人の資質・経験等について十
    分に熟知している者であること。)
  ⑧ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
  ⑨ 書類選考結果通知文書送付用封筒
    (長形3号の封筒に82円分の切手貼付。 応募者が確実に受け取れる宛先、宛名を記載する
    こと。)

【応募締切】
 平成30年7月4日 (水)  必着

【申込先 ・ 応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部人事課人事第1係 あて
  ※ 封筒に 「技術職員(○○○○)応募書類在中」 と朱書きしてください。
           ※”○○○○”には応募する分野を記載

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 ① 応募 ・ 受験に関する一切の費用は、 応募者の負担となります。
 ② 応募書類は返却しませんのでご了承願います。 なお、 応募書類に記載された個人情報は選考の目
  的以外には使用しません。
 ③ 当機構は、 男女共同参画に向けて、 出産 ・ 子育てに関する環境整備に取り組んでおり、 女性の
  応募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



教育職員(海洋生産管理学科)の募集について  (平成30年6月1日 更新)

 水産研究・教育機構では、教育職員の採用を予定しております。

 採用予定人数:海洋生産管理学科 助教1名
 採用予定時期:平成30年10月1日
 申込受付期限:平成30年6月29日

 詳しくは、水産大学校HP「職員募集」をご覧下さい。

船舶職員(航海士、機関士、通信士)の採用試験について(平成30年4月6日 更新)

 水産研究・教育機構では、船舶職員の採用を予定しております。採用予定数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。

【配属予定場所】
 当機構所属漁業調査船及び練習船 (詳細は漁業調査船・練習船紹介ページをご参照下さい。)
  または
 総務部船舶管理課 (船舶予備員)

【採用予定人数】
 航海士  若干名
 機関士  若干名
 通信士  若干名

【採用予定日】
 平成31年4月1日

【応募条件等】
(1)航海士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、三級海技士(航海)以上の免許資格を有する方、又は採用
   予定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は、両眼ともに0.5以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(2)機関士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、三級海技士(機関)以上の免許資格を有する方、又は採用
   予定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(3)通信士
 ① 昭和58年4月2日以降に生まれた方で、第二級総合通信士以上の免許資格を有する方、又は採用予
   定日までに取得見込みの方
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼ともに0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)

 ※下記①~③のいずれかの条件に該当する方は、応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方

 ※日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取得す
  ること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 応募職種記入票(別紙1
  ② 履歴書(市販様式(A4版)又は学校指定様式のものに、写真を貼付すること)
  ③ 課題論文(課題:「水産研究・教育機構船舶職員として働くこと」について、400字詰め原稿用紙
    2枚(800字程度)
  ④ 健康診断書(別紙2)※1
  ⑤ 最終学歴卒業証明書又は卒業見込証明書
  ⑥ 最終学歴成績証明書
  ⑦ 学校長等推薦書(提出は任意。提出する場合の様式も任意)
  ⑧ 応募条件とする免許資格を確認できる書面の写し  ※2
  ⑨ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
    ※1 船員手帳をお持ちの方で、健康証明が採用予定時期に有効である方は、船員手帳の該当ペ
       ージの写しに替えることができます。
    ※2 取得見込みの方は、履歴書にその旨を記載して下さい。

【応募締切】
 平成30年7月6日(金)必着

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「船舶職員(○○)応募書類 在中」と朱書きして下さい。
       ※○○には応募する職種(航海士・機関士・通信士のいずれか)を記載して下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の目
   的以外には使用しません。
 (3) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の応
   募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。



研究開発職員採用試験 (総合職試験、水産区分) について  (平成30年6月1日 更新)

 募集を締め切りました

事務系職員採用試験(一般職試験、事務区分)について  (平成30年6月1日 更新)

 募集を締め切りました

船舶職員(甲板部員、機関部員、司厨部員)の採用試験について(平成30年3月5日 更新)

 水産研究・教育機構では、船舶職員の採用を予定しております。採用予定数、応募条件等は以下の募集要項等をご覧下さい。

【募集要項】
 こちらの 「募集要項 (pdfファイル)」 をご覧下さい。

【配属予定場所】
 当機構所属漁業調査船及び練習船 (詳細は漁業調査船・練習船紹介ページをご参照下さい。)
  または
 総務部船舶管理課 (船舶予備員)

【採用予定人数】
 甲板部員  若干名
 機関部員  若干名
 司厨部員  若干名

【採用予定日】
 平成30年7月1日、10月1日
 (※採用日予定日については応相談)

【応募条件等】
(1)甲板部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は海技大学
   校海上技術科を卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの方
  イ.高等学校以上の学歴(ア.に該当する方を除く)を有し、甲板部員として3年以上の乗船履歴を
   有する方
   (海技従事者免状、小型船舶操縦免許を取得している方、未取得者は採用後取得する意欲のある方
    が望ましい。)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は、両眼共に0.5以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(2)機関部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は、海技大
   学校海上技術科を卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの方
  イ.高等学校以上の学歴(ア.に該当する方を除く)を有し、船用機関の製造又は整備に関する実務
   経験を2年以上有する方
   (海技従事者免状、小型船舶操縦免許を取得している方、未取得者は採用後取得する意欲のある方
   が望ましい。)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)
(3)司厨部員
 ① 昭和57年4月2日以降に生まれた方で、次のいずれかに該当する方
  ア.水産系高等学校(専攻科を含む)、海上技術学校本科、海上技術短期大学校専修科又は海技大学
   校海上技術科にて、調理に関する科目を履修し卒業された方、又は採用予定日までに卒業見込みの
   方
  イ.船舶の司厨員として1年以上の経験を有する方
    (船舶調理師免許取得者、又は採用後取得する意欲のある方が望ましい)
  ウ.調理師の資格を有する方、又は採用予定日までに取得見込みの方
    (船舶調理師免許を取得している方が望ましい)
 ② 心身共に健康な方で、視力(矯正視力を含む)は両眼で0.4以上である方
   (健康診断書で異常がある場合には受験できない場合があります。)

 ※下記①~③のいずれかの条件に該当する方は、応募できません。
   ① 成年被後見人または被保佐人
   ② 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの方
   ③ 懲戒解雇の処分又はこれに相当する処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない方

 ※日本国籍を有してない場合は、採用予定日までに日本国内で就労するために必要な在留資格を取得す
  ること

【応募書類】
 以下の書類を必ず各1部提出して下さい。
  ① 応募職種記入票(別紙1
  ② 履歴書(市販様式(A4版)又は学校指定様式のものに、写真を貼付すること)
  ③ 課題論文(課題:「水産研究・教育機構船舶職員として働くこと」について、400字詰め原稿用紙
    2枚(800字程度)
  ④ 健康診断書(別紙2)※1
  ⑤ 最終学歴卒業証明書又は卒業見込証明書
  ⑥ 最終学歴成績証明書
  ⑦ 学校長等推薦書(提出は任意。提出する場合の様式も任意)
  ⑧ 応募条件とする免許資格を確認できる書面の写し  ※2
  ⑨ 日本国籍を有しない方は、在留資格を確認できる書面の写し
    ※1 船員手帳をお持ちの方で、健康証明が採用予定時期に有効である方は、船員手帳の該当ペ
       ージの写しに替えることができます。
    ※2 甲板部員・機関部員・司厨部員の応募条件①イに該当する方で、海技免状、小型船舶操縦
       免許をお持ちの方は、免状、免許の写しを提出して下さい。取得見込みの方は、履歴書に
       その旨を記載して下さい。また、乗船履歴・職務経験がある方は、採用内定後に、乗船履
       歴・職務経歴が確認出来る書類の提出をお願いします。(詳細は該当の方に別途お知らせ
       します。なお、証明できない場合は、採用を取り消す場合があります。)
       応募条件①ウに該当する方は調理師免許の写しを提出して下さい。取得見込みの方は、履
       歴書にその旨を記載して下さい。

【応募締切】
 定員に達するまで随時

【申込先・応募に関する問い合わせ先】
 〒220-6115
 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 15階
 国立研究開発法人水産研究・教育機構
 経営企画部 人事課 人事第1係 あて
  ※ 封筒に「船舶職員(○○)応募書類 在中」と朱書きして下さい。
       ※○○には応募する職種(甲板・機関・司厨のいずれか)を記載して下さい。

 人事第1係の連絡先
  TEL : 045-277-0141
  E-mail : fra-saiyou@ml.affrc.go.jp

【その他】
 (1) 応募・受験に関する一切の費用は、応募者の負担となります。
 (2) 応募書類は返却しませんのでご了承願います。なお、応募書類に記載された個人情報は選考の目
   的以外には使用しません。
 (3) 当機構は、男女共同参画に向けて、出産・子育てに関する環境整備に取り組んでおり、女性の応
   募を歓迎しています。


PDFファイルをご覧になるには、 Adobe Readerをダウンロード (無料) して下さい。








※青少年の雇用の促進等に関する法律に基づく「青少年雇用情報シート」はこちら



※ 水産研究・教育機構は国立研究開発法人であり、 職員 (契約職員を除きます) の給与、 諸手当、 休日休暇等については、 国家公務員に準じております。