我が国周辺の水産資源に関する評価会議の開催について

 水産研究・教育機構は、水産庁委託事業「我が国周辺水産資源調査・評価事業」の一環として、海区ごとに「ブロック資源評価会議」を7月下旬から順次、各地で開催します。

 資源評価への関心が高まっていることを踏まえ、本会議を公開し一般傍聴を受け付けます。なお、撮影は会議冒頭の挨拶のみ可能です。

1.概要

 水産研究・教育機構を代表とする共同実施機関(※1)は、水産庁の我が国周辺水産資源調査・評価等推進委託事業を受託し、我が国周辺水域における主要な水産資源の資源評価を実施しております。資源評価対象魚種は、漁獲可能量(TAC、Total Allowable Catch)制度の対象魚種であるマイワシ、マアジ、スケトウダラ等を含む50魚種84系群です。

 本会議では、各ブロックでの調査対象資源について、水産研究・教育機構から資源調査の結果、資源評価の方法、生物学的許容漁獲量(ABC、Allowable Biological Catch)、管理方策の提言等について説明し、共同実施機関、有識者等の関係者間で資源評価(案)の妥当性等について検討します。

 資源評価結果は、本会議後、水産庁によるパブリックコメント(9月及び12月予定)を経て、10月及び1月末頃に公表される予定です。

※1 共同実施機関:国立研究開発法人水産研究・教育機構、都道府県水産試験研究機関、大学、一般社団法人漁業情報サービスセンター

2. 各会議の開催日程、開催場所等

会議番号 開催日 会議名 開催地 詳細 申込み 申込期限 傍聴人数 募集状況
A 7月25(火),26日(水) 中央ブロック資源評価会議
(マイワシ太平洋系群、マアジ太平洋系群など)
横浜市 詳細はこちら 申込みフォーム 7月21日(金) 20名 終了
B 8月1(火),2日(水) 西海ブロック資源評価会議
(マイワシ、マアジ、マサバ対馬暖流系群など)
長崎市 詳細はこちら 7月28日(金) 30名 終了
C 8月22(火),23日(水) 瀬戸内海ブロック資源評価会議
(カタクチイワシ瀬戸内海系群、トラフグ日本海・東シナ海・瀬戸内海系群など)
広島市 詳細はこちら 8月18日(金) 30名 終了
D 8月28(月),29日(火) 東北ブロック資源評価会議
(ズワイガニ太平洋北部系群、マダラ太平洋北部系群など)
八戸市 詳細はこちら 8月24日(木) 30名 終了
E 9月 4(月), 5日(火) 日本海ブロック資源評価会議
(ズワイガニ日本海系群、ベニズワイガニ日本海系群など)
新潟市 詳細はこちら 8月31日(木) 30名 終了
F 9月 7日(木), 8日(金) 北海道ブロック資源評価会議
(スケトウダラ日本海北部系群、太平洋系群など)
釧路市 詳細はこちら 9月 5日(火) 30名 終了
G 11月30日(木) スルメイカ資源評価会議 横浜市 詳細はこちら 11月28日(火) 30名 募集中
H 12月 1日(金) ブリ資源評価会議 横浜市 詳細はこちら 11月29日(水) 30名 募集中
I 12月 1日(金) マサバ、ゴマサバ太平洋系群資源評価会議 横浜市 詳細はこちら 11月29日(水) 30名 募集中
※申込み期限はそれぞれの日の17:00までです。ご注意ください。

3. 傍聴申込要領