水産研究・教育機構 特許情報
管理番号 223 種別 漁場環境・保全・修復
発明の名称 イセエビ用の増殖礁
概 要  本発明に係るイセエビ用の増殖礁は、その側壁の表面をポストラーバや稚エビが好む薄暗い環境にしてあり、かつ、ポストラーバや稚エビがその成長に応じて体 をぴったり入れることが可能な複数個の凹部(孔)を備えていると共に、餌場である海藻が凹部の近くに生えるようにして、隠れ場と餌場の両方を充足させるよ うにしたので、イセエビがポストラーバの段階から安全に棲みついて成長することができる。すなわち、本発明に係るイセエビ用の増殖礁は、最も弱い時期のイ セエビに的確な成育環境を与え、ポストラーバや稚エビの生残率を高めることによって、イセエビ増殖の重要なポイントを十分に満足させ、イセエビの増殖を促 進することができる。
詳細情報 特許公報                
出願番号 特願2012−1834
(P2012−1834)
出願日 平成24年1月10日(2012.1.10)
公開番号 特開2012−90639
(P2012−90639A)
公開日 平成24年5月17日(2012.5.17)
登録番号 特許第4998908号
(P4998908)  
登録日  平成24年5月25日(2012.5.25)
出願人 独立行政法人水産総合研究センター、福島 順也
発明者 高木 儀昌、吉村 拓、他
その他 【分割の表示】特願2007−15331(P2007−15331)の分割
【原出願日】平成19年1月25日(2007.1.25)
          
お問い合わせ先 水産技術交流プラザ(知的財産担当) TEL045-227-2692