水産研究・教育機構 特許情報
管理番号 76 種 別 漁場環境・保全・修復
発明の名称 赤潮プランクトンに特異的に感染して増殖・溶藻しうるウイルス、該ウイルスを利用する赤潮防除方法および赤潮防除剤、並びに該ウイルスの保存方法
概 要   赤潮原因プランクトンであるヘテロシグマを標的とするウイルス、該ウイルスを用いる赤潮防除方法及び赤潮防除剤、該ウイルスの保存方法。
  ヘテロシグマ属の藻類に特異的に感染して増殖しうるウイルス。該ウイルスの単離方法は、該ウイルスに感染しているヘテロシグマ属の藻類を含有する液体試料を濃縮し、得られた濃縮液を培養し、得られた培養液をフィルターで濾過し、得られた濾液をヘテロシグマ属の藻類の培養液に接種して培養し、ヘテロシグマ属の藻類の溶藻が観察された培養液をヘテロシグマ属の藻類の培養液で限界希釈することにより前記ウイルスをクローニングする工程を含む。前記のウイルスを有効成分として含む赤潮防除剤。前記のウイルスを赤潮水域に散布することからなる赤潮防除方法。該ウイルスを含有する液体をジメチルスルホキシドの存在下で凍結させることによる保存方法。
 本発明により、ヘテロシグマ属の藻類に特異的に感染して増殖しうるウイルスが提供された。また、本発明により、ヘテロシグマ属の藻類に特異的に感染して増殖しうるウイルスの保存方法が提供される。さらに、本発明により、上記の方法で保存したウイルスの再生方法が提供される。本発明のウイルスを用いることにより、赤潮を防除することができる。
詳細情報 特許公報 、 ビジュアル版   
出願番号 特願平10−84622 出願日 平成10年(1998)3月30日
公開番号 特開平11−98979 公開日 平成11年(1999)4月13日
登録番号 特許2955657 登録日 平成11年(1999)7月23日
出願人 水産庁南西海区水産研究所長
特許権者 独立行政法人水産総合研究センター
発明者 長崎 慶三、山口峰生
その他 【優先権主張番号】特願平9−201430
【優先日】平9(1997)7月28日              
お問い合わせ先  水産技術交流プラザ(知的財産担当) TEL045-227-2692