韓国行政研究院(KIPA)の研究者が本部を訪問

 平成18年4月18日、韓国行政研究院(KIPA)研究者一行(通訳を含め6名)の訪問があり、松里理事から水産総合研究センターの概要と独立行政法人移行に関する説明を行いました。
 KIPAは、日本に例えれば総務省に相当する組織に属する、組織、人事等に関する研究を実施する韓国国立の研究所で、本年度から独立行政法人化した韓国水産科学院の組織、人事に関し、政府に対し報告するため、日本の独立行政法人の調査を行う目的で来日したものです。