12月16日(土)に「第25回海とさかな自由研究・作品コンクール」表彰式が行われました

 水産総合研究センターは、本年より「第25回海とさかな自由研究・作品コンクール」を後援しています。
 このコンクールは、小学生を対象に、"海とさかなと私たちの暮らし"との関わりを様々な角度からとらえ、"体験を通じて学んでいただく"ことを目的に、1982年より開催されており、今年で25周年を迎えました。
 同コンクールは研究部門と創作部門に分かれています。創作部門には作文、工作、絵画、絵本の各ジャンルがあり、また今年から研究部門に「観察図」というジャンルが設けられました。
 今年は9月1日から9月30日までの受付期間に、研究部門552作品、創作部門20,682点、あわせて21,234点の応募がありました。
 これらの作品は、事前審査を経て、11月11日に行われた最終審査会で審査されました。当センターでは、研究部門、創作部門にそれぞれ「水産総合研究センター理事長賞」を設け、業務企画部中山一郎チーフ研究開発コーディネーターが審査員となって各賞を審査・決定しました。
 表彰式では、各賞の受賞者が一堂に会し、賞状とレリーフの贈呈により表彰が行われました。


表彰式は浜離宮朝日小ホールで盛大に行われました

主催者を代表して山本 博朝日学生新聞社社長のご挨拶

研究部門:水産総合研究センター理事長賞
「魚がくさるよ ~アジさんたちありがとう~」

作者の今井美月さん
神奈川県相模原市立中央小学校6年

創作部門:水産総合研究センター理事長賞
工作「大漁だーッ!!」

作者の伊賀 瞳さん
香川県高松市立仏生山小学校5年



最後に、受賞者、審査員、来賓の皆さんが集合写真を撮影し、表彰式は終了しました