北海道におけるさけますふ化放流に係わる覚書を締結

 5月25日、北海道庁において、独立行政法人水産総合研究センター、北海道水産林務部、社団法人北海道さけ・ます増殖事業協会は、さけますふ化放流に係わる三機関の相互協力を推進するため覚書を締結しました。
 この覚書は、技術支援、連携調整会議の開催、当センター施設利用等について協力することを確認するものです。
 これにより、さけます資源の持続的利用による国民へのさけます類の安定供給に、さらに貢献できるものと考えています。



北海道庁水産林務部長室にて調印されました



三機関の相互協力に向けて固く握手を交わす
左から、社団法人北海道さけ・ます増殖事業協会 今井鐵男会長理事、
北海道水産林務部 達本文人部長、
独立行政法人水産総合研究センター 川口恭一理事長