第11回地域水産加工技術セミナー(宮崎県延岡市)を開催しました

 宮崎県、水産庁と水産総合研究センターの共催による第11回地域水産加工技術セミナー「どんげかすっど!宮崎の水産物―新商品開発のための加工技術と販売戦略―」を平成19年11月16日(金)に宮崎県延岡市のカルチャープラザのべおかで開催しました。当日は地元宮崎県漁連や島野浦、土々呂、門川の水産加工組合の方々を中心に94名のご参加を得ました。
 宮崎県は漁業資源に恵まれた日向灘に面し、アジやイワシ、サバをはじめとした浮魚類が多く水揚げされ、これらを活かして新鮮で高品質な水産加工品が生産されています。また、東国原知事の熱心なPRで宮崎県産品はブームになっており、状況に応じた加工技術の開発や新たな販売戦略が求められています。
 このセミナーは全国各地におじゃまし、水産利用加工にとどまらず関連した情報をわかりやすい形で提供しております。今回は地元の皆さんからの要望で、新たな商品開発や販売戦略を考えるために、アジのブランド化に取り組んだ島根県水産技術センターやコンビニエンスストアの(株)ファミリーマート、水産物輸出を提案するフードマネージメントサービス株式会社から講師の方をお招きし、地域水産加工業の発展を目指した活発な意見交換を行いました。 また、カタクチイワシを使った全国各地の加工品や宮崎県水産試験場で試作したシイラのコラーゲン入り天ぷら、さらには宮崎県産の水産加工品の試食も行われ、来場者に大変な好評を博しました。
 このように当セミナーが好評のうちに終了することができたのは、熱心にご準備いただいた宮崎県、延岡市の関係の方々のおかげです。どうもありがとうございました。

やっぱり、どんげかすっど!宮崎の水産物

・議事次第
1 挨拶
 主催者挨拶 宮崎県水産試験場長 田代 一洋
         水産庁増殖推進部参事官 魚住 雄二
 来賓挨拶  延岡市農政部長 佐藤雄介 様
   
2 講演演題及び講師
(新技術・加工品開発)
 ①脂を測ってブランド化!~浜田の魚「どんちっち」の取り組み~
  島根県水産技術センター 清川 智之
 ②カタクチイワシをもっと利用しよう!~研究開発と地域加工品の紹介~
  (独)水産総合研究センター 石田典子
 ③やっちみろや!魚皮コラーゲンで加工品の魅力アップ
  宮崎県水産試験場 長野 昌子
(新たな販売戦略)
 ④高齢化・単身化社会に向けて~コンビニの新たな品揃えへの取り組み~
  (株)ファミリーマート 勅使河原 淳 
 ⑤宮崎からも海外に輸出を!~水産物輸出の現状と問題点~ 
  フードマネージメントサービス株式会社 坂本 文男
 ⑥水産物の高価値化~新規加工技術とグローバル流通~
   (独)水産総合研究センター 木村 郁夫 

3 閉会の挨拶
 (独)水産総合研究センター 理事 石塚 吉生


会場となったカルチャープラザのべおか

地元でよく獲れるシイラの魚皮コラーゲンを使った
加工技術への取り組み

カタクチイワシをもっと利用するための研究開発の紹介

宮崎から世界へ水産物の輸出戦略

宮崎県産の水産物を使った水産加工品

試食も好評でした