やったね!「第30回 海とさかな自由研究・作品コンクール」優秀作を表彰!

海とさかな自由研究・作品コンクールは、小学生を対象として、海とさかなの不思議や驚きを、子どもらしい発想で研究したり、絵や作文などで表現する研究作品や創作作品を募集するもので、朝日新聞社と朝日学生新聞社が主催、日本水産株式会社の協賛で行われています。1982年からスタートして、今年は記念すべき30周年を迎えました。本コンクールには農林水産省、文部科学省などとともに水産総合研究センターも後援しています。

表彰式は12月10日に浜離宮朝日ホールで行われ、各賞の受賞者が出席し賞状とレリーフ、副賞が贈られました。表彰式のあとの懇親パーティーでは、松里理事長と受賞者が歓談する機会があり、研究や作品づくりで苦労した点、工夫したこと、これからの研究に対してのアドバイスなどの話ができ、楽しい1日を過ごしました。

永井さん、所澤さんの受賞作品は、農林水産大臣賞の作品とともに、栃木県日光市にあるさかなと森の観察園・おさかな情報館で2012年3月20日より展示する予定です。

※受賞作品などは「第30回 海とさかな自由研究・作品コンクール」のWEBサイトでご覧いただけます。