豊かな海づくり大会~アカジンに注目~

 第32回全国豊かな海づくり大会~美ら海おきなわ大会~が、11月17~18日に沖縄県糸満市で開催されました。この関連行事として行われた、一般の方が参加するふれあい行事「おきなわ豊かな海づくりフェスタ2012in糸満」に、水産総合研究センターも出展しました。当センターのブースでは、養殖用の種苗として研究を進めているスジアラ(沖縄でアカジンと呼ばれています)やタイマイの水槽展示やパネルなどでの研究紹介、当センターや西海区水産研究所の業務を紹介するパネル展示、子どもたちに大人気のお魚クイズなどを行いました。

 スジアラを展示した水槽を熱心に見ながら研究員の説明に耳を傾けている方も多くいらっしゃいました。また、タイマイの赤ちゃんをはじめてご覧になった方も多く、海の生きものに興味を持って頂く良いきっかけになったのではないでしょうか。ふれあい行事の来場者数は延べ52,300人で、当センターの展示ブースにも二日間で1,000人を超える来訪がありました。次回の第33回全国豊かな海づくり大会は、平成25年10月26~27日に、熊本県の熊本市、水俣市、天草市で開催される予定です。

当日配布したペーパークラフトはこちらから