みずほ丸

みずほ丸は主に日本海において、スルメイカ・ズワイガニ・マアジ・ハタハタ等の資源調査、イワシ類の卵仔魚調査、
底生生物の環境調査、大型クラゲ等の生物調査、魚の餌となるプランクトン調査、海底土採集による放射能調査、
対馬暖流の変動把握に向けた海洋モニタリング観測など、漁業に関連した海洋調査を行っています。

船舶番号 120005
長さ(全長) 38.51m
幅(型) 6.80m
計画満載喫水 2.60m
総トン数(国内) 156トン
国際総トン数
定員 18名
最大搭載人員 24名
燃料油タンク 75.73m3
清水タンク 8.77m3
雑用清水タンク 17.25m3
潤滑油タンク 2.77m3
主機関 ニイガタ 6MG22LX
4サイクルディーゼル機関 1基
900PS×840rpm
減速機 ニイガタコンバーター MGE-650AZ
推進機 かもめプロペラ CPR-65/53N
4翼可変ピッチプロペラ 1基
主発電機関 ニイガタ 6L13AHS
200PS×1,200rpm 1台
主発電機 大洋 TWN30E-6
300KVA
軸発電機 大洋電機 FB35C-6 1台
試運転最大速力 12.53ノット
航海速力 約10.60ノット
航続距離 約3,500海里
起工 昭和55年10月14日
進水 昭和55年12月19日
竣工 昭和56年2月28日
造船所 (株)新潟鉄工所 新潟造船工場
定係港 新潟市(新潟)
主な搭載設備(漁撈、調査・観測設備等)
  • トロール設備
  • ネットホーラー
  • ラインホーラー
  • 観測用ウインチ
  • 科学魚探
  • 魚群探知機
  • いか釣り機