蒼鷹丸(そうようまる)

蒼鷹丸は主に本州、四国沖合の太平洋において、サバ・イワシなど小型浮魚類の資源調査、魚の餌となるプランクトン調査、
海底土採集による放射能調査、日本周辺における放射能モニタリング、黒潮の変動把握に向けた海洋モニタリング観測など、
漁業に関連した海洋調査を行っています。

船舶番号 134348
長さ(全長) 67.50m
幅(型) 11.40m
計画満載喫水 4.30m
総トン数(国内) 892トン
国際総トン数
定員 24名
最大搭載人員 35名
燃料油タンク 325.1m3
清水タンク 76.7m3
雑用清水タンク 31.8m3
潤滑油タンク 6.1m3
主機関 ダイハツ 6DLM-26S
1,176kW×750min-1 2台
減速機 ダイハツ RCD-25FGS
2,352kW×210min-1 1台
推進機 三菱 KaMeWa79XF3/4
4翼CPP 1基
主発電機関 ダイハツ 6DL-16
331kW×1,200min-1 2台
主発電機 大洋電機 TWY35C-6S
375KVA 2台
軸発電機 大洋電機 FB38BS-6
450KVA 1台
試運転最大速力 16.52ノット
航海速力 約14ノット
航続距離 約7,000海里
起工 平成5年3月25日
進水 平成6年2月23日
竣工 平成6年10月28日
造船所 三菱重工業(株) 下関造船所
定係港 横浜市(横浜)
主な搭載設備(漁撈、調査・観測設備等)
  • トロール設備
  • 観測用ウインチ
  • 計量魚探
  • 全周型スキャニングソナー
  • 水中TVロボット
  • CTD
  • OPCS
  • ADCP
  • 船内LANシステム