蒼鷹丸(そうようまる)の調査

海洋生産力調査
 プランクトンや栄養塩・クロロフィル量など、海洋の基礎生産の調査を行っています。

海洋放射能調査
 海洋生物や海底の泥等に蓄積された放射能の把握・監視する調査を行っています。

海洋環境調査
 黒潮の動向や海況予測のため、海の流れ・水温・塩分等の調査を行っています。

漁業資源調査
 マイワシ等の資源評価や漁況予報のため、卵稚仔や魚群の分布調査を行っています。


蒼鷹丸は1回につき10日から1ヶ月程度の航海に出ます。
航海にはいろいろな専門の研究者が乗り込んで、海洋や魚の調査をします。
主な調査海域は本州・四国沖合の太平洋ですが、放射能汚染の調査や事故・災害等の影響調査など、
緊急の場合は日本全国の沖合にも出かけていきます。