若鷹丸(わかたかまる)

若鷹丸は主に東北沖合や北西太平洋において、スケトウダラの加入量調査、底魚類の資源量調査、
魚の餌となるプランクトン調査、海底土採集による放射能調査、水中グライダーによる海洋観測調査など、
漁業に関連した海洋調査を行っています。
東北大震災後には被災海域での魚群探知機による海底探査を行ってきました。

船舶番号 132240
長さ(全長) 57.73m
幅(型) 11.00m
計画満載喫水 4.456m
総トン数(国内) 692トン
国際総トン数
定員 20名
最大搭載人員 29名
燃料油タンク 209m3
清水タンク 60m3
雑用清水タンク 30m3
潤滑油タンク 4.94m3
主機関 ヤンマー T240-ET2
735kW×715min-1 2台
減速機 新潟コンバーター MRGCP220
1台
推進機 テクノナカシマ XS-76/86
4翼可変ピッチプロペラ 1台
主発電機関 ヤンマー S165L-SN
397kW×1,200min-1 2台
主発電機 西芝 NTAKL-VEK
450KVA 2台
軸発電機
試運転最大速力 13.64ノット
航海速力 約12ノット
航続距離 約6,000海里
起工 平成6年3月17日
進水 平成6年12月6日
竣工 平成7年3月24日
造船所 三井造船(株)玉野艦船工場
定係港 塩釜市(塩釜)
主な搭載設備(漁撈、調査・観測設備等)
  • トロール設備
  • 観測用ウインチ
  • ラインホーラー
  • 計量魚探
  • 魚群探知機
  • 全周型スキャニングソナー
  • いか釣り機
  • CTD
  • OPCS
  • ADCP
  • 船内LANシステム