水産技術 - Journal of Fisheries Technology


 国立研究開発法人水産研究・教育機構と公益社団法人日本水産学会では、水産業に役立つ技術をいち早く伝え、最新技術の活用を促進することを目的に、技術論文誌「水産技術」を年1~3回刊行しています。
 本誌は、水産業に関わる技術開発の成果を、技術開発の先端を走る研究者や生産の現場で活躍する技術者等の水産業に携わる多くの方々に紹介します。また、水産技術に関心がある方々に愛読されることを願うとともに、これまで記述されてこなかった様々な技術が次の世代に伝承していくような誌面作りを目指していきます。

 監修     公益社団法人日本水産学会
 編集・発行 国立研究開発法人水産研究・教育機構

「水産技術」では、論文の投稿を随時受け付けています。
投稿を希望される方は下記投稿要領にしたがって、規定の様式を使用し、編集事務局宛にお送りください。

投稿要領・原稿の書き方(pdfファイル)      667KB
投稿用紙(Excelファイル)       33KB

「水産技術」編集事務局
令和2年7月20日の組織再編により以下に変更となりました。
〒236-8648 横浜市金沢区福浦2-12-4
国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産技術研究所 企画調整部門内
e-mail : fish_tech@ml.affrc.go.jp 
(注:迷惑メール防除のため、@を全角にしています。お手数ですが、メールを発信する際に半角に直してください)

「水産技術 - Journal of Fisheries Technology」 バックナンバー(pdfファイル)

 新しいウィンドウで開きます。ファイルサイズが大きいため、接続環境によってはダウンロードに時間が掛かります。



Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat6.0以降またはAdobe Reader が必要です。
同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロード(無償)してください。