さかなと森の観察園

冬季休園のお知らせ

11月末日をもちまして今年の観覧を終了し、
12月1日から来年3月19日まで冬季休園となります。
本年も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行や台風の接近、クマの出没などにより、たびたび休園となり、来園を楽しみにしていた皆様にはご迷惑をお掛けしました。
来年こそはCOVID-19の影響が終息し、笑顔でご来園いただけることを心から願っております。
寒い季節を迎えますので、皆様、ご自愛ください。

動画:観覧池で泳ぐニジマス

 「さかなと森の観察園」は栃木県日光市の中禅寺湖のほとりにある水産研究・教育機構の広報施設です。
 ここでは研究所の敷地の一部を公開しており,内水面(河川や湖沼など)にすむ「さけ・ます類」について学ぶことが出来ます。
 園内では、中禅寺湖にしかいないレイクトラウトを始め,様々な種類のさけ・ますの仲間やチョウザメなどが観察でき,さかなたちに餌をやることもできます。

当園でご覧いただけるさかなたち:

 また当園は,明治23年(1890)に宮内庁のふ化場として開設されて以来,百年以上の歴史がある施設であり,随所にその面影を残しています。
平成18年6月29日,「おさかな情報館」が開館しました。
「おさかな情報館」では,当センターが行っている「豊かで安全・安心な国民の食生活を守るための研究開発業務」についてご紹介するとともに,海洋や水産、さかなの生態などについて,遊びながら楽しく学べる施設として,小・中学生たちに好評です。