水産研究・教育機構とはどんなところ?

この分野における我が国最大の研究・教育機関であり、職員数約1126名(正職員のみ)、年間予算約238億円(平成30年度当初予算)。全国各地に拠点を配置しています。

国立研究開発法人水産研究・教育機構は、旧国立研究開発法人水産総合研究センターと旧独立行政法人水産大学校が、平成28年4月1日に統合し発足しました。

当機構は、水産業が抱える課題を解決するため、水産分野における研究開発と人材育成を推進し、その成果を最大化し社会への還元を進めることで、我が国の水産業を活性化させることを目指しています。

組織について

水産研究・教育機構要覧